人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 69 )   > この月の画像一覧

スペースコロニーヘ・・・。 (総集編) 2009年 1月 5日(月)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。その後、火星から迎撃ミサイルとして発射されていた、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)を、地球から火星に向かっている地球側宇宙艦隊の 7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの1隻が船首の長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから、6発の中型ドリルミサイルが発射された後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後について進撃を続けていた地球側宇宙艦隊の 7隻のうちの戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの4隻が船首の長距離レーザー砲を発射して、火星の周辺の宇宙で守備についていた4隻の火星側の戦闘用の宇宙船に命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルと、そのミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが、火星に命中して、火星の地中に潜り込もうとしていた・・・。一方、火星の地中では、北半球と南半球と西半球と東半球に1隻ずつ、すでに合計 4隻の地中用戦闘船 (迎撃ドリルミサイル10発搭載)(火星側)が待機していた・・・。そして、そのうちの一隻が、高速迎撃ドリルミサイルを発射して、まず、火星の地中に突入していた、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルに命中させて爆発させて破壊した後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルも火星の北半球と南半球に3発ずつ地中に突入していたが、それらに対して、火星の地中で、北半球と南半球と西半球と東半球に1隻ずつ待機していた、合計 4隻の地中用戦闘船 (迎撃ドリルミサイル10発搭載)(火星側)の2隻が、1隻につき、3発の高速迎撃ドリルミサイルを発射して命中させて、爆発させて、破壊していた・・・。そして、その後、火星の裏側から、火星側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻の宇宙艦隊が発進して、火星の裏側の宇宙に出てきていた・・・。

c0181417_1252654.jpg
c0181417_1253956.jpg
c0181417_1255549.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-05 01:26 | 物語 1 (A)

スペースコロニーヘ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2009年 1月 4日(日)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。その後、火星から迎撃ミサイルとして発射されていた、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)を、地球から火星に向かっている地球側宇宙艦隊の 7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの1隻が船首の長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから、6発の中型ドリルミサイルが発射された後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後について進撃を続けていた地球側宇宙艦隊の 7隻のうちの戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの4隻が船首の長距離レーザー砲を発射して、火星の周辺の宇宙で守備についていた4隻の火星側の戦闘用の宇宙船に命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルと、そのミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが、火星に命中して、火星の地中に潜り込もうとしていた・・・。一方、火星の地中では、北半球と南半球と西半球と東半球に1隻ずつ、すでに合計 4隻の地中用戦闘船 (迎撃ドリルミサイル10発搭載)(火星側)が待機していた・・・。そして、そのうちの一隻が、高速迎撃ドリルミサイルを発射して、まず、火星の地中に突入していた、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルに命中させて爆発させて破壊したが、その後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが火星の北半球と南半球に3発ずつ地中に突入していた・・・。地中用戦闘船 (迎撃ドリルミサイル10発搭載)は、地球側でも、色違いの同機種が生産中だったが、火星側の方が一足早く完成させて、実戦に投入していた・・・。また、火星側では、宇宙艦隊の再建も急ピッチで進められていた・・・。
c0181417_212312.jpg
c0181417_213871.jpg
c0181417_18264079.jpg
c0181417_215823.jpg
c0181417_221720.jpg
c0181417_223766.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-04 23:58 | 物語 1 (B)

スペースコロニーヘ・・・。 (総集編) 2009年 1月 4日(日)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。その後、火星から迎撃ミサイルとして発射されていた、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)を、地球から火星に向かっている地球側宇宙艦隊の 7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの1隻が船首の長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから、6発の中型ドリルミサイルが発射された後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後について進撃を続けていた地球側宇宙艦隊の 7隻のうちの戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの4隻が船首の長距離レーザー砲を発射して、火星の周辺の宇宙で守備についていた4隻の火星側の戦闘用の宇宙船に命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルと、そのミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが、火星に命中して、火星の地中に潜り込もうとしていた・・・。一方、火星の地中では、北半球と南半球と西半球と東半球に1隻ずつ、すでに合計 4隻の地中用戦闘船 (迎撃ドリルミサイル10発搭載)(火星側)が待機していた・・・。そして、そのうちの一隻が、高速迎撃ドリルミサイルを発射して、まず、火星の地中に突入していた、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルに命中させて爆発させて破壊したが、その後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが火星の北半球と南半球に3発ずつ地中に突入していた・・・。
c0181417_212312.jpg
c0181417_213871.jpg
c0181417_18264079.jpg
c0181417_215823.jpg
c0181417_221720.jpg
c0181417_223766.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-04 02:17 | 物語 1 (A)

スペースコロニーヘ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2009年 1月 3日(土)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。その後、火星から迎撃ミサイルとして発射されていた、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)を、地球から火星に向かっている地球側宇宙艦隊の 7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの1隻が船首の長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから、6発の中型ドリルミサイルが発射された後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後について進撃を続けていた地球側宇宙艦隊の 7隻のうちの戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの4隻が船首の長距離レーザー砲を発射して、火星の周辺の宇宙で守備についていた4隻の火星側の戦闘用の宇宙船に命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルと、そのミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが、火星に命中して、火星の地中に潜り込もうとしていた・・・。戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)の船首部分の長距離レーザー砲は改良が加えられ、射程距離は100万キロ前後で、戦闘用宇宙船の船首部分にあった長距離レーザー砲に比べて、2倍以上の射程距離があった・・・。そのため、火星の周辺の宇宙で守備についていた4隻の火星側の戦闘用の宇宙船は、攻撃する事も出来なかった・・・。

c0181417_2371053.jpg
c0181417_2373466.jpg
c0181417_238352.jpg
c0181417_238246.jpg
c0181417_238432.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-03 23:42 | 物語 1 (B)

スペースコロニーヘ・・・。 (総集編) 2009年 1月 3日(土)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。その後、火星から迎撃ミサイルとして発射されていた、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)を、地球から火星に向かっている地球側宇宙艦隊の 7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの1隻が船首の長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルから、6発の中型ドリルミサイルが発射された後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後について進撃を続けていた地球側宇宙艦隊の 7隻のうちの戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの4隻が船首の長距離レーザー砲を発射して、火星の周辺の宇宙で守備についていた4隻の火星側の戦闘用の宇宙船に命中させて破壊して爆発させた後、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルと、そのミサイルから発射された 6発の中型ドリルミサイルが、火星に命中して、火星の地中に潜り込もうとしていた・・・。

c0181417_2371053.jpg
c0181417_2373466.jpg
c0181417_238352.jpg
c0181417_238246.jpg
c0181417_238432.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-03 02:38 | 物語 1 (A)

スペースコロニーヘ・・・。 (SPECIAL EDITION) (総集編) もうひとつの宇宙 2009年 1月 2日(金)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)は、量産型の宇宙船で、戦闘用の宇宙船の後継機種として、急遽生産されたため、戦闘用の宇宙船には搭載されていた小型ミサイル6発が省かれる代わりに、破壊力の大きい中型ミサイル6発を搭載していた・・・。しかし、やはり、地球側では、より改良を求める声も多く、次世代機の登場が待たれるところだった・・・。
c0181417_254778.jpg
c0181417_261169.jpg
c0181417_262922.jpg
c0181417_264754.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-02 23:54 | 物語 1 (B)

スペースコロニーヘ・・・。 (総集編) 2009年1月 2日(金)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。その後、火星から、迎撃ミサイルとして、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が発射されていた・・・。しかし、その頃、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、7隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が、地球の地下基地から発射されたドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルの後に続いて、火星に向かって進撃を始めていた・・・。
c0181417_254778.jpg
c0181417_261169.jpg
c0181417_262922.jpg
c0181417_264754.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-02 02:07 | 物語 1 (A)

スペースコロニーヘ・・・。 (SPECIAL EDITION) (総集編) もうひとつの宇宙 2009年 1月 1日(木)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。
ドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルは、新たに開発された、惑星間ミサイルで、広範囲の目標や、一度に複数の目標に攻撃をする事が出来るようになっていた・・・。巡航ミサイルとしても使えるが、やはり、攻撃力や破壊力などが大きいため、主に先制攻撃用として使われる事が多かった・・・。
c0181417_938557.jpg
c0181417_9382288.jpg
c0181417_9384560.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-01 23:56 | 物語 1 (B)

スペースコロニーヘ・・・。(総集編) 2009年 1月 1日(木)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射されていた・・・。
c0181417_938557.jpg
c0181417_9382288.jpg
c0181417_9384560.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-01 09:38 | 物語 1 (A)