スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 2012年 5月 7日(月)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んでいたが、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、3機も到達してきた後、さらに 4機の、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III も、その後方から到達していた後、さらに 3機の、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III も、その後方から到達してきて、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 向かって進んできていて、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機と接近してきた後、・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 IIIのうちの、一列目の上から 3番目の、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 IIIが機銃を連射して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、上から 2番目の、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III に命中させて爆発させた後、その爆発の下に急降下していた・・・。大気圏内専用戦闘機 III の機体はわりと頑丈だったが、内部からの破壊に弱かった・・・。また、急降下のスピードも、それほど速くなかった・・・。
c0181417_23563662.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2012-05-07 23:57 | 物語 1 (B)