人気ブログランキング |

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 7月20日(水)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。
c0181417_2422821.jpg

宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦) (折りたたみ式レーザー反射板折りたたみ時)
c0181417_2424954.jpg

宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)

by hiroki-o1966 | 2011-07-20 23:52 | 物語 1 (A)