人気ブログランキング |

スペースコロニーヘ・・・。 (総集編) 2009年 1月10日(土)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の惑星間ミサイルによる報復攻撃が始まり、火星側も、これに応酬、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に三角形の陣形で地球を包囲させ、地球に反撃を行ったが失敗、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。それから、しばらくして、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルが宇宙に向けて発射された後、地球からは、すでに11隻の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)が宇宙に打ち上げられていて、地球の周辺の宇宙で守備についた4隻を除いた、地球側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの7隻が火星に攻撃に向かって、火星から迎撃ミサイルとして発射されていた、惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)を破壊して、火星の守備についていた火星側の戦闘用の宇宙船4隻を全滅させたが、その後、地球の地下基地からドリルミサイル6発搭載型惑星間大型ドリルミサイルと、そのミサイルから発射された中型ドリルミサイル6発は、火星の地中で、北半球と南半球と西半球と東半球に1隻ずつ待機していた、合計 4隻の地中用戦闘船 (迎撃ドリルミサイル10発搭載)(火星側)の部隊に、火星の地中で破壊され、その後、地球側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載)のうちの7隻も、 火星の裏側から発進した、火星側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻の反撃で全滅、その後、火星の裏側から発進していた、火星側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻は、火星の周辺の宇宙で守備につき、地球の周辺の宇宙で守備についていた地球側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻も、そのまま待機を続けていた・・・。その後、また少し時が流れて、火星の周辺の宇宙で守備についていた、火星側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻が地球の方向に進撃を開始して、その後、火星から、 戦闘用の宇宙船 III (小型ミサイル6発 中型ミサイル6発搭載)も次々に発進してきていた・・・。地球方向に出撃した火星側宇宙艦隊は、火星の周辺の宇宙で守備についていた、火星側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻を先頭に、戦闘用の宇宙船 III (小型ミサイル6発 中型ミサイル6発搭載)のうちの11隻が後に続いて進んでいた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 III (小型ミサイル6発 中型ミサイル6発搭載)のうちの別の4隻が、火星周辺の守備についていた・・・。一方、地球側からも、地球の周辺の宇宙で守備についていた地球側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻が、火星方向に向かって進み始めていた・・・。その後、地球から、 地球側の戦闘用の宇宙船 III (小型ミサイル6発 中型ミサイル6発搭載)も次々に発進してきていた・・・。そして、地球から発進した地球側の戦闘用の宇宙船 III (小型ミサイル6発 中型ミサイル6発搭載)のうちの4隻が、新たに地球周辺の守備についていた・・・。火星方向に出撃した地球側宇宙艦隊は、それまで地球の周辺の宇宙で守備についていた、火星側の戦闘用の宇宙船 II (中型ミサイル 6発搭載) 4隻を先頭に、地球から発進した地球側の戦闘用の宇宙船 III (小型ミサイル6発 中型ミサイル6発搭載)のうちの20隻が後に続いて進んでいた・・・。
c0181417_1412292.jpg
c0181417_1414281.jpg
c0181417_1415990.jpg
c0181417_142971.jpg

by hiroki-o1966 | 2009-01-10 01:42 | 物語 1 (A)