ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京した後、静養もしながら、作家と結婚も目指しています。

<   2016年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今月は、物語の第二作の一方の作品を描きましたが、予定していたあらすじをつくるのが精一杯で、細部に渡っての細かい描写も出来ず、少し残念な結果になったかなと思います。体調の方も思わしくなくて、婚活も就活も進まず、猫も、怪我や老化などで、いまひとつ元気がなく、心配なところですし、生活費なども不安があって、とりあえず、秋は、出来る限り静養しながら、ゆっくりと、これからの事でも考えていけたらいいなと思います。今月になっても、天気なども悪く、地震も続き、世相も世界情勢も不安定ですが、こちらの方は、とりあえず、様子見していこうかなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-30 23:38 | ブログ
最初の絵の日付は、‎2016‎年‎9‎月‎7‎日、‏‎0:34:11で、最後の絵の日付は、2016‎年‎9‎月‎27‎日、‏‎8:59:56で、元々の作品のタイトルは、(夢) 2002年 4月12日午前 6時まえというのを、スペースコロニーへ・・・。 2.0 夢に改題し、それを、ブログ向けにリメイクしたものが、スペースコロニーへ・・・。 2.1 夢という作品になりました・・・。とにかく、ショートストーリーなので、今回は、ある程度自由にやってみたいと思いましたが、体調不良やスランプや用事などのため、はやめに切り上げる事にしました。とにかく、いつかまた、次回作以降でも、じっくりやってみたいなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-29 00:53 | ブログ
その後、火星に着陸していた宇宙人の母船は母星に向けて、いったん帰っていった・・・。そして、地球側政府は、これら一連の秘密工作に関して、火星側政府の対応を非難する声明を発表するとともに、地球側反乱軍掃討作戦の成果を強調した・・・。また、地球に潜伏していた宇宙人も、いつの間にか地球を脱出したという情報も流れ、生死不明のまま、また、時が流れていた・・・。
 
スペースコロニーへ・・・。 2.1 夢
 
終 (おわり)

c0181417_0253241.jpg

c0181417_0274673.jpg

c0181417_0281464.jpg

c0181417_028452.jpg

c0181417_0293671.jpg

c0181417_030427.jpg

c0181417_0304737.jpg

c0181417_0311050.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-29 00:18 | 物語B
地球側の反乱軍の基地から地球側反乱軍のアーマーソルジャー部隊が撤退した後、地球側政府軍の合計六機のアーマーソルジャーと、日中になって到着した、地球側政府軍の戦車部隊は、制圧した地球側の反乱軍の基地を、そのまま、地球側の政府軍の基地として、警備にあたっていた・・・。
c0181417_044527.jpg

地球側政府軍中型戦車 (TYPE II )
c0181417_0451919.jpg

c0181417_0453756.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-28 00:28 | 物語B
夜になって、地球側政府軍の合計六機のアーマーソルジャーが地球側の反乱軍の基地の敷地内に突入してきた後、守備に就いていた地球側反乱軍のアーマーソルジャー部隊は必死に防戦していたが、未明になって、突然、撤退を開始していた・・・。
c0181417_0154237.jpg

c0181417_016720.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-27 00:10 | 物語B
そして、地球側の反乱軍の基地の敷地内に突入してきた地球側の政府軍の合計六機のアーマーソルジャーが、さらにまた進んでいたが、政府軍の一機目のアーマーソルジャーのアーマーガンから発射されていたレーザーは、後ろにいた反乱軍のアーマーソルジャーの足元のあたりをかすめた後、さらに進んでいた・・・。一方、一番先頭にいた、反乱軍のアーマーソルジャーが、今度は、アーマーソードという巻き取り式の剣を政府軍の一機目のアーマーソルジャーに向けた後、上に振り上げていた・・・。おなじ頃、反乱軍の基地のせり上がり式の管制塔用の土台のところでは、突入してきた政府軍のアーマーソルジャーのうちの別の一機のアーマーガンから発射されたレーザーの流れ弾が管制塔用の土台に命中して飛び散っていた・・・。
c0181417_0183122.jpg

c0181417_0185179.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-26 00:09 | 物語B
そして、地球側の反乱軍の基地の敷地内に突入してきた地球側の政府軍の合計六機のアーマーソルジャーが、また、さらに進んでいたが、政府軍の一機目のアーマーソルジャーのアーマーガンから発射されていたレーザーは、後ろにいた反乱軍のアーマーソルジャーの足元のあたりをかすめた後、またさらに進んでいた・・・。一方、一番先頭にいた、反乱軍のアーマーソルジャーが、今度は、アーマーソードという巻き取り式の剣を政府軍の一機目のアーマーソルジャーに向けていた・・・。おなじ頃、反乱軍の基地のせり上がり式の管制塔用の土台のところでは、突入してきた政府軍のアーマーソルジャーのうちの別の一機が、反乱軍の別の一機のアーマーシールドを失ったアーマーソルジャーに向けて、今度は、アーマーガンからレーザーを発射していたが、急上昇してよけられていた・・・。
c0181417_0303954.jpg

c0181417_031108.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-25 00:14 | 物語B
そして、地球側の反乱軍の基地の敷地内に突入してきた地球側の政府軍の合計六機のアーマーソルジャーが、また、さらに進んでいたが、政府軍の一機目のアーマーソルジャーのアーマーガンから発射されていたレーザーも、また進んで、後ろにいた反乱軍のアーマーソルジャーの足元のあたりをかすめた後、さらに進んでいた・・・。おなじ頃、反乱軍の基地のせり上がり式の管制塔用の土台のところでは、反乱軍の別の一機のアーマーソルジャーのアーマーシールドが、突入してきた政府軍のアーマーソルジャーのうちの別の一機のアーマーガンから発射された砲弾を受けて前面が爆発した後、下に落ちて燃えていた・・・。
c0181417_0132836.jpg

c0181417_0135053.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-24 00:04 | 物語B
そして、地球側の反乱軍の基地の敷地内に突入してきた地球側の政府軍の合計六機のアーマーソルジャーが、さらに進んでいたが、政府軍の一機目のアーマーソルジャーのアーマーガンから発射されていたレーザーも、また進んで、後ろにいた反乱軍のアーマーソルジャーの足元のあたりをかすめて進んでいた・・・。おなじ頃、反乱軍の基地のせり上がり式の管制塔用の土台のところでは、反乱軍の別の一機のアーマーソルジャーのアーマーシールドが、突入してきた政府軍のアーマーソルジャーのうちの別の一機の、砲弾とレーザーのどちらかを選択して発射出来るタイプのアーマーガンから発射された砲弾を受けて前面が爆発していた・・・。
c0181417_0195793.jpg

c0181417_0202135.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-23 00:13 | 物語B
そして、地球側政府軍のロボット型飛行体 アーマーソルジャーVIII (灰色)を含む、合計六機のアーマーソルジャーの反乱軍の基地の敷地内に突入してきた後、またさらに進んでいて、地球側政府軍の一機目のアーマーソルジャーの、砲弾とレーザーのどちらかを選択して発射出来るタイプのアーマーガンから発射されていたレーザーも、また進んで、後ろにいた反乱軍のアーマーソルジャーの足元のあたりをかすめていた・・・。
c0181417_016761.jpg

c0181417_0162568.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2016-09-22 00:05 | 物語B