ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京した後、静養もしながら、作家と結婚も目指しています。

<   2015年 07月 ( 64 )   > この月の画像一覧

今月は、なにかと、不安な事が多く、婚活や就活も進まず、東京生活も先が見えない感じもしますが、とにかく、物語の第一作も、いよいよ終わりが近い感じになりましたし、これから、じっくりと、今後の事を考えながら、少しは警戒もしていかないといけないかなと思いますが、とりあえず、今後の予定は、結婚や就職も含めて、まったくの未定という感じもしますし、今は、体調も悪く、静養しながらの様子見も続くかなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-31 23:37 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になってやや少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、火星側の反乱軍の攻撃で破壊されずに残った、二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)のうち、一機は 火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある、敷地内の後ろの部分まで後退していたが、また少し進んでいて、もう一機は、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていた後、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分にいた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機のうちの一機が滑走路に移動してきた後、少し進んだ後、離陸して、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の入口の隣接する山脈の最初の山の頂上付近あたりのぐらいの高さまで上昇しながら進んでいた・・・。その頃、月側とスペースコロニー側では、思いのほか経済状態が悪く、反政府運動も盛り上がりに欠けていた・・・。また、地球側に対する反発はあっても、経済的にも依存度が高いため、ほとんどの市民がなりゆきまかせだった・・・。
c0181417_22402699.jpg
c0181417_2241274.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-31 23:13 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になってやや少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、火星側の反乱軍の攻撃で破壊されずに残った、二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)のうち、一機は 火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある、敷地内の後ろの部分まで後退していたが、また少し進んでいて、もう一機は、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていた後、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分にいた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機のうちの一機が滑走路に移動してきた後、少し進んだ後、離陸して、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の入口の隣接する山脈の最初の山の頂上付近あたりのぐらいの高さまで上昇しながら進んでいた・・・。
c0181417_22402699.jpg
c0181417_2241274.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-31 22:15 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になってやや少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、その火星側の地方都市の守備についていた火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)うちの最後の一機が、火星周辺にいた宇宙艦隊から発進してきていた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの二機のうち一機に向けてアーマーガンを発射していたが、そのロボット型飛行体 II (灰色)のうちの二機のうち一機は、よけて斜め前上にジャンプして前方に進んでいたが、その火星側の地方都市の守備についていた火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)うちの最後の一機が今度は上方に向けてアーマーガンを構えて狙っていた・・・。地球側では、予算の関係で軍事費が削られる事が多く、新兵器の開発も、なかなか進まなかった・・・。また、人員の削減も度々行われ、少数精鋭の部隊を育成しては、多くの地域に配置する方針を取っていた・・・。
c0181417_2342727.jpg
c0181417_2344426.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-30 23:22 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になってやや少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、その火星側の地方都市の守備についていた火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)うちの最後の一機が、火星周辺にいた宇宙艦隊から発進してきていた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの二機のうち一機に向けてアーマーガンを発射していたが、そのロボット型飛行体 II (灰色)のうちの二機のうち一機は、よけて斜め前上にジャンプして前方に進んでいたが、その火星側の地方都市の守備についていた火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)うちの最後の一機が今度は上方に向けてアーマーガンを構えて狙っていた・・・。
c0181417_2342727.jpg
c0181417_2344426.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-30 21:43 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になってやや少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地では、すでに、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退して帰還していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機のうちの二機のうちの一機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が破壊されて爆発した後、残りの一機の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)は、火星側の反乱軍基地に到達して攻撃を続けていた後、宇宙用空母に帰還するために徐々に撤退し始めていた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の編隊と、逆に、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔のあるところに向けて進撃を続けているロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機に接近してきていた・・・。火星側でも貧富の差は激しかったが、地球側よりは、地元意識が強かった・・・。そして、高齢化も進んでいたが、もはや、支配階級でも、すでに、第三世代や第四世代中心の時代になっていて、第二世代でさえ、もうごく僅かだった・・・。
c0181417_22131961.jpg
c0181417_22133658.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-29 23:25 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になってやや少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地では、すでに、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退して帰還していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機のうちの二機のうちの一機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が破壊されて爆発した後、残りの一機の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)は、火星側の反乱軍基地に到達して攻撃を続けていた後、宇宙用空母に帰還するために徐々に撤退し始めていた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の編隊と、逆に、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔のあるところに向けて進撃を続けているロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機に接近してきていた・・・。
c0181417_22131961.jpg
c0181417_22133658.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-29 21:37 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、火星側の反乱軍の攻撃で破壊されずに残った、二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)のうち、一機は 火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある、敷地内の後ろの部分まで後退していたが、また少し進んでいて、もう一機は、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていた後、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分にいた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機のうちの一機が滑走路に移動してきた後、少し進んだ後、離陸して、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の入口の隣接する山脈の頂上付近ぐらいの高さまで機体が浮き上がっていた・・・。地球側では、生活環境も悪化する一方、都市部では土地の値段も上がっていた・・・。そして、市民の将来への漠然とした不満は高まっていたが、それまでの経済システム自体には依然として大きな変化はなかった・・・。
c0181417_2324946.jpg
c0181417_23242457.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-28 23:26 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、火星側の反乱軍の攻撃で破壊されずに残った、二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)のうち、一機は 火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある、敷地内の後ろの部分まで後退していたが、また少し進んでいて、もう一機は、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていた後、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分にいた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機のうちの一機が滑走路に移動してきた後、少し進んだ後、離陸して、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の入口の隣接する山脈の頂上付近ぐらいの高さまで機体が浮き上がっていた・・・。
c0181417_2324946.jpg
c0181417_23242457.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-28 22:44 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の真夜中になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、その火星側の地方都市の守備についていた火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)うちの最後の一機が、火星周辺にいた宇宙艦隊から発進してきていた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの二機のうち一機に向けてアーマーガンを発射していたが、そのロボット型飛行体 II (灰色)のうちの二機のうち一機は、よけて斜め前上にジャンプしていた・・・。火星側では、市民の間に日に日に地球側からの移民に対する不満が高まっていたが、地球側政府から火星側政府に圧力をかけていたため、なかなか表面化しなかった・・・。しかし、火星側の反乱軍の中には、逆に、地球側に潜入して、地球側政府打倒に向けての破壊工作を企てる者もいて、地球側政府も警戒を強めていた・・・。
c0181417_1171059.jpg
c0181417_1173670.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-07-27 23:46 | 物語B