ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。結婚目指して本籍地の西東京市に上京した後、とりあえず静養しながら作家活動も続けています。

<   2015年 06月 ( 62 )   > この月の画像一覧

やはり、今月は心配な出来事が多く、すべてにおいて停滞気味でしたが、これから、本格的な夏に向かって、少しは物事がよくなるといいなと思いつつ、やはり、東京生活では、困難な状況での様子見も続くかなと思います。また、婚活や就活も、物語の第一作の終了後は、少しでもじっくりやっていけたらいいなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-30 23:47 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜中近くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が、突入したロボット型飛行体 II (灰色)を退却させた後、元の位置に戻って待機していたが、敵のアーマーソルジャーのいる、地上都市エリアの入り口の近くのところまで進んでいた・・・。一方、ある地方都市の入口の部分には、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)一機が到達して進んでいたが、その後方から、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が、また、到達してきた後、アーマーガンを発射したが、狙った相手の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)は、斜め前上の方向に移動して、その砲弾をかわした後、進んでいた・・・。一方、元の位置に戻って待機していた もう一機の護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)も前方に進んだ後、後ろに振り向いた後、入口の部分から侵入してきたロボット型飛行体 II (灰色)の方向に向かって近づいた後、アーマーガンにアーマーソードの入った容器を装着していた・・・。一方、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機も、閉じた状態のアーマーシールドを前方にかざしながら、少し進み始めていた・・・。多くのアーマーソルジャーは、行動半径や攻撃可能な範囲内の標的だけに対応するようになっていて、独自の判断はしないようになっていた・・・。しかし、多少の戦略も考える能力はあるので、先手や布石を打つアーマーソルジャーもあった・・・。
c0181417_18363296.jpg

c0181417_18364555.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-30 23:33 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜中近くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が、突入したロボット型飛行体 II (灰色)を退却させた後、元の位置に戻って待機していたが、敵のアーマーソルジャーのいる、地上都市エリアの入り口の近くのところまで進んでいた・・・。一方、ある地方都市の入口の部分には、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)一機が到達して進んでいたが、その後方から、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が、また、到達してきた後、アーマーガンを発射したが、狙った相手の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)は、斜め前上の方向に移動して、その砲弾をかわした後、進んでいた・・・。一方、元の位置に戻って待機していた もう一機の護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)も前方に進んだ後、後ろに振り向いた後、入口の部分から侵入してきたロボット型飛行体 II (灰色)の方向に向かって近づいた後、アーマーガンにアーマーソードの入った容器を装着していた・・・。一方、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機も、閉じた状態のアーマーシールドを前方にかざしながら、少し進み始めていた・・・。
c0181417_18363296.jpg

c0181417_18364555.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-30 10:29 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜中近くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地では、滑走路の補修を終えていて、管制塔も台座の上まで上がって来ていて、基地の護衛を兼ねた偵察任務に来ていた、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が垂直上昇した後、宇宙に撤退、その後、火星周辺にいた地球側第4宇宙艦隊から発進した地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)のうちの四機が、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の滑走路のある部分にまで到達して、そのうちの二機が急降下していた・・・。そして、すでに、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退して帰還していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機のうちの二機のうちの一機と、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔のある部分にまで到達していた突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が後ろに振り返ったまま、待機していた・・・。一方、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の移動式の管制塔も、すでに、地下に下がっていた・・・。火星側では、地下都市の方が栄えていたが、居住エリアとしては地上都市の方が高価だった・・・。その値段は、一般市民の生涯に稼ぐ賃金に匹敵するとも言われていた・・・・。
c0181417_19254936.jpg
c0181417_1926343.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-29 23:16 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜中近くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地では、滑走路の補修を終えていて、管制塔も台座の上まで上がって来ていて、基地の護衛を兼ねた偵察任務に来ていた、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が垂直上昇した後、宇宙に撤退、その後、火星周辺にいた地球側第4宇宙艦隊から発進した地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)のうちの四機が、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の滑走路のある部分にまで到達して、そのうちの二機が急降下していた・・・。そして、すでに、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退して帰還していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機のうちの二機のうちの一機と、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔のある部分にまで到達していた突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が後ろに振り返ったまま、待機していた・・・。一方、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の移動式の管制塔も、すでに、地下に下がっていた・・・。
c0181417_19254936.jpg
c0181417_1926343.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-29 10:49 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜になって、相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、火星側の反乱軍の攻撃で破壊されずに残った、二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)のうち、一機は 火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある、敷地内の後ろの部分まで後退していたが、また少し進んでいて、もう一機は、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていた後、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分にいた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機のうちの一機が滑走路に移動してきた後、少し進んだ後、離陸して、やや少し機体が浮き上がっていた・・・。地球側では政情不安が続いていて、それを鎮圧するために、新型の宇宙戦闘機の開発よりは、現行機種の量産に力を入れていた・・・。しかし、燃費の向上により航続距離が伸びたり、 エンジンなどの改良により速度が多少上がる事もあった・・・。
c0181417_16121721.jpg

c0181417_16123714.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-28 23:18 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜になって、相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、火星側の反乱軍の攻撃で破壊されずに残った、二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)のうち、一機は 火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある、敷地内の後ろの部分まで後退していたが、また少し進んでいて、もう一機は、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていた後、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分にいた、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機のうちの一機が滑走路に移動してきた後、少し進んだ後、離陸して、やや少し機体が浮き上がっていた・・・。
c0181417_16121721.jpg

c0181417_16123714.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-28 11:38 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜になって、相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が、突入したロボット型飛行体 II (灰色)を退却させた後、元の位置に戻って待機していたが、敵のアーマーソルジャーのいる、地上都市エリアの入り口の方向に向かって、かなり進んでいた・・・。一方、ある地方都市の入口の部分には、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)一機が到達して進んでいたが、その後方から、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が、また、到達してきた後、アーマーガンを発射したが、狙った相手の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)は、斜め前上の方向に移動して、その砲弾をかわした後、進んでいた・・・。一方、元の位置に戻って待機していた もう一機の護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)も前方に進んだ後、後ろに振り向いた後、入口の部分から侵入してきたロボット型飛行体 II (灰色)の方向に向かって進んでいた・・・。火星側の地方都市は、いくつかあるが、この地方都市でも、多くの人が火星側政府や火星側の反乱軍のどちらにも嫌悪感を持っていた・・・。そして、地球側にも反感を持っていたが、徴兵制のない地域も多く、市民のほとんどが軍事教育を受けていない事もあって、厭戦気分も強かった・・・。
c0181417_17563319.jpg

c0181417_17565142.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-27 23:21 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜になって、相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が、突入したロボット型飛行体 II (灰色)を退却させた後、元の位置に戻って待機していたが、敵のアーマーソルジャーのいる、地上都市エリアの入り口の方向に向かって、かなり進んでいた・・・。一方、ある地方都市の入口の部分には、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)一機が到達して進んでいたが、その後方から、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が、また、到達してきた後、アーマーガンを発射したが、狙った相手の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)は、斜め前上の方向に移動して、その砲弾をかわした後、進んでいた・・・。一方、元の位置に戻って待機していた もう一機の護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)も前方に進んだ後、後ろに振り向いた後、入口の部分から侵入してきたロボット型飛行体 II (灰色)の方向に向かって進んでいた・・・。
c0181417_17563319.jpg

c0181417_17565142.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-27 17:15 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の夜になって、相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地では、滑走路の補修を終えていて、管制塔も台座の上まで上がって来ていて、基地の護衛を兼ねた偵察任務に来ていた、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が撤退するために、もうすぐ完全に見えなくなるところまで垂直上昇した後、火星周辺にいた地球側第4宇宙艦隊から発進した地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)のうちの三機が、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の滑走路のある部分にまで到達して、そのうちの一機が急降下していた・・・。そして、すでに、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の制圧作戦に失敗して撤退して帰還していた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機のうちの二機のうちの一機と、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔のある部分にまで到達していた突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機のうちの二機が後ろに振り返ったまま待機していた・・・。火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の移動式の管制塔も地下に向かって下がり続けていた・・・。地球側では、激しい人口抑制政策を繰り返す政府に不満の声が高かった・・・。そのため、いろんな反政府組織が誕生し、独自の地球再生計画を企てて実行する機会を窺っていた・・・。
c0181417_15283840.jpg
c0181417_15285520.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-06-26 23:28 | 物語B