ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。結婚目指して本籍地の西東京市に上京した後、とりあえず静養しながら作家活動も続けています。

<   2015年 05月 ( 64 )   > この月の画像一覧

5月は、西東京市での東京生活も不透明で不安な事も多く、やはり、心配な事が多かったように思えました。とにかく、怖い事が多かったです。婚活の方も、まったく進まず、就活もまだまだ様子見が多いかなと思いました。体調にも不安が多く、また、最近頻発する災害なども心配ですが、とにかく、夏からも、また、なんとか過ごせたらいいなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-31 23:49 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していたが、補給を終えて発進した後、夕方頃に、火星の大気圏に再突入していた・・・。一方、その頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの別の一機が、火星周辺にいる地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻のうちの一隻に着艦していた・・・。アーマーソルジャーは、垂直離発着も出来るが、やはり、それは、コンピューター制御が必要なため、マニュアルモードでは、可能な限り、大型機用の滑走路を使う事を推奨されていた・・・。また、有人機としては、ベテランのパイロットなどが搭乗した方が無人機モードよりも俊敏な動きにもつながる事が多かった・・・。
c0181417_052347.jpg

c0181417_054516.jpg

c0181417_062338.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-31 23:13 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していたが、補給を終えて発進した後、夕方頃に、火星の大気圏に再突入していた・・・。一方、その頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの別の一機が、火星周辺にいる地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻のうちの一隻に着艦していた・・・。
c0181417_052347.jpg

c0181417_054516.jpg

c0181417_062338.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-31 16:17 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していたが、補給を終えて発進した後、夕方頃に、火星の大気圏に再突入していた・・・。
c0181417_154098.jpg

c0181417_15402114.jpg
c0181417_15403929.jpg
c0181417_15405558.jpg
c0181417_1541119.jpg
c0181417_15412686.jpg
c0181417_15414614.jpg
c0181417_15415964.jpg
c0181417_15421359.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-30 23:23 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって相当経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していたが、補給を終えて発進した後、夕方頃に、火星の大気圏に再突入していた・・・。
c0181417_154098.jpg

c0181417_15402114.jpg
c0181417_15403929.jpg
c0181417_15405558.jpg
c0181417_1541119.jpg
c0181417_15412686.jpg
c0181417_15414614.jpg
c0181417_15415964.jpg
c0181417_15421359.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-30 04:58 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していた・・・。その頃、 反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入して、火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地に侵入していた、地球側のアーマーソルジャーの二号機である、ロボット型飛行体 II (灰色)を、その後に来た、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が撤退させた後、 アーマーガンに装着されていたアーマーサーベルの容器からアーマーサーベルを飛び出させて、上段に構えて、再度の不意打ちに備えていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機と、ある地方都市の入口の部分に到達して、かなり先の方までジャンプして進んで着地していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機がアーマーガンを構えたまま、おたがいに向き合っていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)は、それぞれ進み始めていて、そのうちの一機は、相当前に来ていた・・・。一方、地球側第2宇宙艦隊から発進した地球側の内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)のうちの九機が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていて、そのうちの六機が旋回していたが、その前に、すでに突入して、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指して進んでいた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機と戦っていた・・・。アーマーソルジャーにも、さまざまな設定がなされていて、チームプレーを重視するタイプもあれば、単独行動が得意なタイプもあった・・・。やはり、それは、有人機の時のパイロットの性格が入力されていた影響も強かった・・・。
c0181417_22291630.jpg
c0181417_22293565.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-29 23:35 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していた・・・。その頃、 反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入して、火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地に侵入していた、地球側のアーマーソルジャーの二号機である、ロボット型飛行体 II (灰色)を、その後に来た、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が撤退させた後、 アーマーガンに装着されていたアーマーサーベルの容器からアーマーサーベルを飛び出させて、上段に構えて、再度の不意打ちに備えていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機と、ある地方都市の入口の部分に到達して、かなり先の方までジャンプして進んで着地していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機がアーマーガンを構えたまま、おたがいに向き合っていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)は、それぞれ進み始めていて、そのうちの一機は、相当前に来ていた・・・。一方、地球側第2宇宙艦隊から発進した地球側の内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)のうちの九機が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分に到達してきていて、そのうちの六機が旋回していたが、その前に、すでに突入して、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指して進んでいた、火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っていた三機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機と戦っていた・・・。
c0181417_22291630.jpg
c0181417_22293565.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-29 20:58 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していた・・・。その頃、 反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入して、火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地に侵入していた、地球側のアーマーソルジャーの二号機である、ロボット型飛行体 II (灰色)を、その後に来た、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が撤退させた後、 アーマーガンに装着されていたアーマーサーベルの容器からアーマーサーベルを飛び出させて、上段に構えて、再度の不意打ちに備えていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機と、ある地方都市の入口の部分に到達して、かなり先の方までジャンプして進んで着地していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機がアーマーガンを構えたまま、おたがいに向き合っていた・・・。アーマーソルジャーは、まだ、試作機の段階で、移動中での自動照準の精度が若干低かった・・・。そして、何か別の動作をしながらアーマーガンを発射しても命中精度が落ちるため、静止した状態で発射する事も多かった・・・。
c0181417_21543454.jpg

c0181417_21545097.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-28 23:30 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していた・・・。その頃、 反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入して、火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地に侵入していた、地球側のアーマーソルジャーの二号機である、ロボット型飛行体 II (灰色)を、その後に来た、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が撤退させた後、 アーマーガンに装着されていたアーマーサーベルの容器からアーマーサーベルを飛び出させて、上段に構えて、再度の不意打ちに備えていた・・・。一方、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアでは、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機と、ある地方都市の入口の部分に到達して、かなり先の方までジャンプして進んで着地していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機がアーマーガンを構えたまま、おたがいに向き合っていた・・・。
c0181417_21543454.jpg

c0181417_21545097.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-28 21:26 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になって午後になって少し経っても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに続いていたが、そんな頃、補給のために火星の大気圏を脱出していた、ロボット型飛行体 II (灰色)のうちの一機が 火星周辺にいる地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船に着艦していた・・・。その頃、 反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入して、火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地に侵入していた、地球側のアーマーソルジャーの二号機である、ロボット型飛行体 II (灰色)を、その後に来た、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が撤退させた後、 アーマーガンに装着されていたアーマーサーベルの容器からアーマーサーベルを飛び出させて、上段に構えて、再度の不意打ちに備えていた・・・。アーマーソルジャーにも、イメージトレーニング機能もあるが、基本的には、実戦で学んでいくタイプのコンピューターが搭載されていた・・・。しかし、戦闘プログラム自体が、まだ、開発途中のものであり、また、複雑な戦略も、まだそれほど設定されてはいなかった・・・。
c0181417_2211912.jpg
c0181417_2213570.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-05-27 23:37 | 物語B