ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2015年 04月 ( 63 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地した後、アーマーガンに加えて、折りたたみ式のアーマーシールドも、もう一方の手に持って、後ろに振り向いた後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプして管制塔の台座を過ぎた上空を進み続けて火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分に到達して進んだ後、ほぼ中央に近いあたりの部分に着地していた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)も、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところに進んできて振り向いた後、かなり進んで、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで戻って、かなり中央に近い部分まで来ていた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換して、地方都市の地上都市エリアの入り口からの中間地点よりは少し過ぎたところにある建物の間にまで後退した後に振り向いた後、手に持っていたアーマーガンにアーマーランチャーを装着して、アーマーガンを上の方向に向けたていたが、その後、また、前の方向に戻して、やや斜め左下に移動してきていた・・・。しかし、その頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアにいた、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機も、後方に振り向いて立ち去っていた後、別のところから、また入ってきていた・・・。アーマーソルジャーの作戦遂行可能時間は、エネルギーや燃料や装備などの補充なしでは24時間前後だったが、時間前でも帰還が厳しくなれば母艦に帰るように設定されていた・・・。そのため、予備のアーマーソルジャーを載せた宇宙船も地球から送られてくる事もあった・・・。
c0181417_20402212.jpg

c0181417_20404324.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-30 23:43 | 物語B
四月は体調も思わしくなく、周囲にも不安な事も多く、また、物語の続きの絵もなかなか進まず、低調な感じでしたが、やはり、婚活や、就活のためのデータ集めなども進まず、今後の方針なども定まらず、とりあえず、静養と様子見も続いていきそうな生活になりそうな気もしますし、まだまだ東京生活もいろいろな障害もありそうな気もします。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-30 23:11 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地した後、アーマーガンに加えて、折りたたみ式のアーマーシールドも、もう一方の手に持って、後ろに振り向いた後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプして管制塔の台座を過ぎた上空を進み続けて火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分に到達して進んだ後、ほぼ中央に近いあたりの部分に着地していた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)も、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところに進んできて振り向いた後、かなり進んで、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで戻って、かなり中央に近い部分まで来ていた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換して、地方都市の地上都市エリアの入り口からの中間地点よりは少し過ぎたところにある建物の間にまで後退した後に振り向いた後、手に持っていたアーマーガンにアーマーランチャーを装着して、アーマーガンを上の方向に向けたていたが、その後、また、前の方向に戻して、やや斜め左下に移動してきていた・・・。しかし、その頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアにいた、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機も、後方に振り向いて立ち去っていた後、別のところから、また入ってきていた・・・。
c0181417_20402212.jpg

c0181417_20404324.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-30 05:06 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地した後、アーマーガンに加えて、折りたたみ式のアーマーシールドも、もう一方の手に持って、後ろに振り向いた後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプして管制塔の台座を過ぎた上空を進み続けて火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分に到達して進んだ後、ほぼ中央に近いあたりの部分に着地していた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)も、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところに進んできて振り向いた後、かなり進んで、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで戻って、かなり中央に近い部分まで来ていた・・・。アーマーソルジャーには、自動的に危機を回避する機能はあるものの、やはり、それにも限界はあって、墜落するよりは、敵の攻撃の標的になる事を選択する傾向もあった・・・。そして、やはり、無人モードの時は、自己を防衛するよりは作戦の遂行が優先される事が多かった・・・。
c0181417_134046100.jpg

c0181417_1341678.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-29 23:28 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日の日中になっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地した後、アーマーガンに加えて、折りたたみ式のアーマーシールドも、もう一方の手に持って、後ろに振り向いた後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプして管制塔の台座を過ぎた上空を進み続けて火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分に到達して進んだ後、ほぼ中央に近いあたりの部分に着地していた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)も、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところに進んできて振り向いた後、かなり進んで、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで戻って、かなり中央に近い部分まで来ていた・・・。
c0181417_134046100.jpg

c0181417_1341678.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-29 12:22 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日になって明るくなり始めても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市近郊の無人地帯には、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)が着陸していて、それに搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側の反乱軍に制圧されている火星側地方都市に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。その頃、地球側第 2宇宙艦隊のうちの、4隻の宇宙用空母からも、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が次々と発進して、火星側の大気圏に突入していった・・・。宇宙用空母は、基本的に小型の宇宙戦闘機の離発着専用だが、最近では、小型の宇宙船の種類も増えて、偵察機や艦上攻撃機なども搭載される事もあった・・・。また、緊急時や災害時においては、民間の小型の宇宙船の離発着も認められる事もあった・・・。
c0181417_18283752.jpg

c0181417_18285517.jpg
c0181417_18292098.jpg

c0181417_1830013.jpg
c0181417_18301634.jpg
c0181417_18302991.jpg
c0181417_18304417.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-28 23:26 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日になって明るくなり始めても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市近郊の無人地帯には、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)が着陸していて、それに搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側の反乱軍に制圧されている火星側地方都市に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。その頃、地球側第 2宇宙艦隊のうちの、4隻の宇宙用空母からも、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が次々と発進して、火星側の大気圏に突入していった・・・。
c0181417_18283752.jpg

c0181417_18285517.jpg
c0181417_18292098.jpg

c0181417_1830013.jpg
c0181417_18301634.jpg
c0181417_18302991.jpg
c0181417_18304417.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-28 04:03 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日になって明るくなり始めても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市近郊の無人地帯には、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)が着陸していて、それに搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側の反乱軍に制圧されている火星側地方都市に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。その頃、地球側第 2宇宙艦隊のうちの、4隻の宇宙用空母の内部からも、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が出てきて甲板に待機していた・・・。地球側では、軍事費を削減する傾向にあり、宇宙戦闘機の生産もやや少なめになってきていた・・・。しかし、アーマーソルジャーに関しては、すでに、今後の運用も視野に入れて、開発にも力を入れていた・・・。
c0181417_1119234.jpg
c0181417_11191527.jpg
c0181417_11192939.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-27 12:25 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日になって明るくなり始めても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市近郊の無人地帯には、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)が着陸していて、それに搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側の反乱軍に制圧されている火星側地方都市に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。その頃、地球側第 2宇宙艦隊のうちの、4隻の宇宙用空母の内部からも、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が出てきて甲板に待機していた・・・。
c0181417_1119234.jpg
c0181417_11191527.jpg
c0181417_11192939.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-27 05:58 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、翌日になって明るくなり始めても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市近郊の無人地帯には、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)が着陸していて、それに搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側の反乱軍に制圧されている火星側地方都市に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。地球側では、補給物資の運搬は民間にも任される事も多かったが、火星側では、国家が中心となってやっていた・・・。また、地球側でも、火星側でも、無人化が進み、火星側では、パイロットにもロボットの乗組員が採用される事もあった・・・。
c0181417_9453363.jpg

c0181417_94628.jpg
c0181417_9461926.jpg
c0181417_9464148.jpg
c0181417_9465554.jpg
c0181417_947788.jpg
c0181417_9471915.jpg

c0181417_23582081.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-04-26 23:31 | 物語B