ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京した後、静養もしながら、作家と結婚も目指しています。

<   2015年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

ここも、怖いところだと思っていましたが、どうやら、予想以上のようで、とにかく、東京生活も、身の安全も含めて、これから先どうなるかも分からず、不安な毎日を過ごしています。目指している結婚の方向性の方も、好きな人と結婚したい気持ちとともに、この年齢で、この体調では、やっぱり、まずは、結婚してくれる人が見つかるといいなとも思いますし、微妙なところです。物語の方は、スランプや体調不良や日々のストレスなどで、なかなか続きの絵も進まず、現在、コマ送りのような進行が続いていて、それに伴い、少々、第一作の終了が延びるかも知れません。また、就活の方も、まずは地理を把握する事かなとも思いますし、家の方も心配なので、とりあえず、静養しながらの様子見も続くと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-31 23:35 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜かなり遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地していた・・・。
c0181417_7131769.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-31 23:17 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜かなり遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦も続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地していた・・・。
c0181417_7131769.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-31 03:56 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換してやや後退していた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)に加えて、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して、大気圏に突入したロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちの一機がすでに降り立っていて、アーマーガンを構えたまま、やや進んで、管制塔の台座に近づきつつあったが、その後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指して慎重に進んでいたが、地球側第6宇宙艦隊から発進した地球側の内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機が到達して進んでいたが、そのうちの二機が旋回して、それを、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機のうちの一機と突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が振り向いて待機していた・・・。火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)も、量産機ではあったが、敵に奪われて再利用されるのを恐れて、一定のダメージを受けると自爆するようにもなっていた・・・。また、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が破壊されても自爆するように設定される事もあった・・・。
c0181417_8282189.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-30 23:36 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換してやや後退していた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)に加えて、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して、大気圏に突入したロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちの一機がすでに降り立っていて、アーマーガンを構えたまま、やや進んで、管制塔の台座に近づきつつあったが、その後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指して慎重に進んでいたが、地球側第6宇宙艦隊から発進した地球側の内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)五機が到達して進んでいたが、そのうちの二機が旋回して、それを、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機のうちの一機と突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)が振り向いて待機していた・・・。
c0181417_8282189.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-30 02:10 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換してやや後退していた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)に加えて、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して、大気圏に突入したロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちの一機がすでに降り立っていて、アーマーガンを構えたまま、やや進んで、管制塔の台座に近づきつつあったが、その後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地していた・・・。着地もコンピューター計算で行われていたが、多少なら、着地点を前方にずらす事も出来た・・・。ただし、後ろや下や斜め下などからの攻撃には無防備なため、出来る限り短いジャンプをするように設定されていた・・・。
c0181417_9154328.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-29 23:19 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換してやや後退していた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)に加えて、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して、大気圏に突入したロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちの一機がすでに降り立っていて、アーマーガンを構えたまま、やや進んで、管制塔の台座に近づきつつあったが、その後、推進用のメインロケットエンジンと方向転換用のサブロケットエンジンを点火させて斜め前上にジャンプした後、水平に前方に進んだ後、管制塔の台座の向こう側に着地していた・・・。
c0181417_9154328.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-29 03:10 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換してやや後退していた・・・。火星側では、まだまだ開発途中の火星の居住地をより多く建設しようとする動きが加速していた・・・。火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市も、火星側首都から流れてきたり、派遣されてきたりしていた市民も多かった・・・。
c0181417_6384157.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-28 23:20 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。おなじ頃、火星側のある地方の火星側の反乱軍が制圧している地方都市の地上都市エリアには、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して大気圏に突入した、ロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちのもう一機が突入して、対峙していた、護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)二機のうちの一機にアーマーガンを発射して命中させて爆発させた後、残った護衛の火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)のもう一機が逆方向に方向転換してやや後退していた・・・。
c0181417_6384157.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-28 03:31 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、夜遅くになっても、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦に加えて、火星側の反乱軍の拠点になっている基地や、火星側の反乱軍に制圧されている地方都市を巡る攻防戦もさらに、まだ続いていた・・・。その頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第6宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船から発進して大気圏に突入していた、ロボット型飛行体 II (灰色)も火星に着陸した後、火星側の反乱軍が制圧している地方都市の近郊にある火星側の反乱軍基地の管制塔の台座のあるところまで進んでさらに近づいた後、斜め前上の空中にジャンプした後、水平に前方に進んでいた・・・。おなじ頃、火星側のいずれかの宇宙艦隊から、司令部からの命令なして発進して、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)のコントロール機能のある部分に命中させて破壊した後に大気圏内に突入した後、飛行を続けていた、無人の、火星側ロボット型アーマーソルジャー III (баклажан) (バクラジャーン) (ナス) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型)が、人型に変形して、すでに破壊されている火星周辺に待機していた多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から破壊される前に発射していたエネルギービーム6本が小型機用の滑走路に命中して、やや大きな穴と少し大きな穴がみっつ空いていたところの火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の滑走路の脇のところまで進んできた後、やや先に移動していた・・・。アーマーソルジャーの移動は、基本的にコンピューター制御のため、前方に障害物などがない限りは、目的地に到達するまで中断される事はなかった・・・。しかし、遠隔操作の方は手動でやると難しいため、戦闘モードなどに限定される事は多かった・・・。
c0181417_2233798.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-03-27 23:30 | 物語B