ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地である西東京市に上京した後も婚活や作家活動も続けています。

<   2015年 02月 ( 58 )   > この月の画像一覧

今月は、いろいろと慌ただしく、気がつくと、冬も終わりかなという感じで、東京生活も不安な事もいっぱい抱えたまま、いよいよ、また、春を迎えようとしています・・・。物語の方は、続きの絵のストックも少ないまま続けているため、相変わらずのスローペースで、体調も思わしくなくないまま、最終PARTであるPART26も、いよいよ中盤という感じで、物語の第一作も、3月か、4月か、5月には終わりそうな感じで、その後は少し休んで、とりあえず、また、婚活や就活という感じで、世相や世界情勢も含めた様子見も続きそうかなと思います・・・。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-28 23:28 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。その後、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の移動式の管制塔は、せり上がり式のエレベーターに載って、地下格納庫に向けて降り始めていた・・・。 おなじ頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の小型機用の滑走路に、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービーム6本が命中していた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)に加えて、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して、大気圏に突入したロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちの一機がすでに降り立っていて、アーマーガンを構えていた・・・。アーマーソルジャーは、遠隔操作も出来るようになっていたが、最近は、敵味方のどちらのアーマーソルジャーも、無人による自動操縦が主流になりつつあった・・・。また、そのプラグラムに関しては、開発者だけではなく、搭乗パイロットなどによる変更も可能だった・・・。
c0181417_12402416.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-28 23:03 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。その後、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の移動式の管制塔は、せり上がり式のエレベーターに載って、地下格納庫に向けて降り始めていた・・・。 おなじ頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の小型機用の滑走路に、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービーム6本が命中していた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていて、敷地内の後ろの部分まで後退していた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)に加えて、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻から発進して、大気圏に突入したロボット型飛行体 II (灰色)二機のうちの一機がすでに降り立っていて、アーマーガンを構えていた・・・。
c0181417_12402416.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-28 04:59 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。その後、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の移動式の管制塔は、せり上がり式のエレベーターに載って、地下格納庫に向けて降り始めていた・・・。 おなじ頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の小型機用の滑走路に、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービーム6本が命中していた・・・。滑走路自体は硬質な素材で覆われていたが、機銃程度のエネルギー弾の直撃ではビクともしなくても、大口径のエネルギー弾の直撃には耐えられるものではなかった・・・。また、通常のエネルギービームは、何かに命中して貫通すると威力が弱くなるが、今回はそれもなかった・・・。
c0181417_21211378.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-27 23:20 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。その後、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の移動式の管制塔は、せり上がり式のエレベーターに載って、地下格納庫に向けて降り始めていた・・・。 おなじ頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の小型機用の滑走路に、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービーム6本が命中していた・・・。
c0181417_21211378.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-27 03:58 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。その後、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の移動式の管制塔は、せり上がり式のエレベーターに載って、地下格納庫に向けて降り始めていた・・・。
c0181417_1322050.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-26 23:37 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。その後、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の移動式の管制塔は、せり上がり式のエレベーターに載って、地下格納庫に向けて降り始めていた・・・。
c0181417_1322050.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-26 04:47 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。アーマーソルジャーは、無人機モードの場合には、次の命令を待機している状態になっている事が多く、それまでの間は、独自の判断はせず、最初の命令の通りに実行しているだけの事が多かった・・・。また、やはり、撤退や後退には、司令部の命令が必要な場合も多かった・・・。
c0181417_20435663.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-25 23:36 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。おなじ頃、突入した火星側のロボット型アーマーソルジャー (Апельсин) (オレンジ)七機のうちの破壊されずに残っている六機と、突入部隊の隊長機である火星側のロボット型アーマーソルジャー II (Саранча) (イナゴ) (コントロール機能付) (有人機、無人機兼用型) (隊長機)一機の、火星側反乱軍の突入部隊によって、すでに制圧されていた、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の滑走路の前の部分は、爆発の炎が消えつつある中、火星側反乱軍の突入部隊が火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔の位置の部分を目指していた・・・。
c0181417_20435663.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-25 02:19 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、さらに激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊のうちの地球側艦載機搭載型大型宇宙船一隻から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。おなじ頃、反対側の火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第2宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船二隻からも、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進して、大気圏に突入していた・・・。その後、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の五隻の宇宙用空母から発進していた、艦載機である、地球側の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)の部隊が火星の大気圏内に突入していた・・・。その頃、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)が、6本の触手からエネルギービームを発射していた・・・。おなじ頃、一方、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分は、まだ平静を保っていた・・・。しかし、その頃、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市の近郊にある、火星側反乱軍基地の管制塔のある部分より前の部分の火星側反乱軍基地の滑走路の前半分あたりのところの上空には、火星周辺に待機していた、多目標攻撃衛星 III (地球側)の6本の触手から発射されたエネルギービームのうちの5本が到達してきていた・・・。おなじ頃、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地の管制塔のある部分の、まだ破壊されずに残っていた二機の地球側のロボット型飛行体 アーマーソルジャー (白)が、敷地内の後ろの部分まで後退して、アーマーガンを構えていた・・・。また、移動式の管制塔も、せり上がり式のエレベーターに載って、すでに、地下格納庫に退避していた・・・。移動式の管制塔にも、無人機や無人戦車などの遠隔操作機能があるが、地下に潜ると、それは難しかった・・・。そのため、その間は有人機として動かしたり、人工知能による完全な自動モードで動かす事も多かった・・・。
c0181417_20364242.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2015-02-24 23:31 | 物語B