<   2013年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧

スペースコロニーへ・・・。(SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2013年 7月 3日(水)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。そして、火星では、すでに一日目の夕方になっていて、火星側首都近郊の航空基地の地上では、破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車が引き続き待機していた・・・。しかし、同じ頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところでは、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきて地球側惑星上陸用中型戦車の部隊の一部が火星側首都近郊の航空基地に突入してきて、主砲を発射していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路に出てきて発進し始めていた・・・。地球側惑星上陸用中型戦車も、有人でも無人でも操作出来たが、使用する際での詳細は明らかにされていなかった・・・。しかし、無人の場合は、無線でも、搭載コンピューターによる操作も可能なので、組織的な戦闘もやりやすかった・・・。
c0181417_1853266.jpg
c0181417_1853232.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-03 23:11 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) 2013年 7月 3日(水)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。そして、火星では、すでに一日目の夕方になっていて、火星側首都近郊の航空基地の地上では、破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車が引き続き待機していた・・・。しかし、同じ頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところでは、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきて地球側惑星上陸用中型戦車の部隊の一部が火星側首都近郊の航空基地に突入してきて、主砲を発射していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路に出てきて発進し始めていた・・・。
c0181417_1853266.jpg
c0181417_1853232.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-03 16:28 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) (総集編) もうひとつの宇宙 2013年 7月 2日(火)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。そして、火星では、すでに一日目の夕方になっていて、火星側首都近郊の航空基地の地上では、破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車が引き続き待機していた・・・。しかし、同じ頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところでは、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきて地球側惑星上陸用中型戦車の部隊の一部が火星側首都近郊の航空基地に突入してきていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路に出てきて発進しようとしていた・・・。火星側首都近郊の航空基地には、それほど多くの要員はいなかったが、それでも、士気は高かった・・・。そして、それは、火星側首都の多くの人達の共感を呼び、支持を得ていた・・・。
c0181417_17224494.jpg
c0181417_17225851.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-02 23:40 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2013年 7月 2日(火)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。そして、火星では、すでに一日目の夕方になっていて、火星側首都近郊の航空基地の地上では、破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車が引き続き待機していた・・・。しかし、同じ頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところでは、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきて地球側惑星上陸用中型戦車の部隊の一部が火星側首都近郊の航空基地に突入してきていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路に出てきて発進しようとしていた・・・。
c0181417_17224494.jpg
c0181417_17225851.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-02 16:59 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) (総集編) もうひとつの宇宙 2013年 7月 1日(月)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。そして、火星では、すでに一日目の夕方になっていて、火星側首都近郊の航空基地の地上では、破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車が引き続き待機していた・・・。しかし、同じ頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところでは、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)に搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側首都近郊の航空基地に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、極秘作戦で運用される事は多かったが、やはり、位置を探知される事も多く、味方の軍が攻撃している最中に物資を下ろす事が多かった・・・。しかし、まだ、あまり機数は多くはないため、出来る限り重要な作戦でしか使う機会はなかった・・・。
c0181417_1648332.jpg
c0181417_16485160.jpg
c0181417_16485676.jpg
c0181417_1649144.jpg
c0181417_16492121.jpg
c0181417_16493684.jpg
c0181417_164940100.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-01 23:54 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2013年 7月 1日(月)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。そして、火星では、すでに一日目の夕方になっていて、火星側首都近郊の航空基地の地上では、破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車が引き続き待機していた・・・。しかし、同じ頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところでは、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から発進していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)に搭載されていた、地球側惑星上陸用中型戦車が内部から出てきて、火星側首都近郊の航空基地に向かって進んでいた・・・。その後、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)は、補充のため、補助エンジンで少し上昇した後、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)のいるところの宇宙に向けて飛び立っていった・・・。
c0181417_1648332.jpg
c0181417_16485160.jpg
c0181417_16485676.jpg
c0181417_1649144.jpg
c0181417_16492121.jpg
c0181417_16493684.jpg
c0181417_164940100.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-01 16:30 | 物語 1 (A)

7月になりました・・・。

先月は、あっという間に終わった感じもしますが、やり残した事も多かったような感じもしました。とりあえず、また、これからも体調や生活の状態やお財布の中身などとにらめっこして、物語と目指している結婚を中心として余力もあれば語学や遠出や散策なども出来ていけたらいいなと思いますし、夏らしい雰囲気も感じていけたらと思います。
[PR]

by hiroki-o1966 | 2013-07-01 00:03 | ブログ