ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地である西東京市に上京した後も婚活や作家活動も続けています。

<   2013年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。地球側では、長期戦に対する拒否反応が根強く、宇宙艦隊による直接攻撃も、予定より早まっていた・・・。また、火星側の首都陥落よりは、火星側首都の監視部隊常駐を望む声も多かった・・・。
c0181417_1272020.jpg
c0181417_1273955.jpg
c0181417_1275619.jpg
c0181417_128122.jpg
c0181417_1282597.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-13 23:32 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。
c0181417_1272020.jpg
c0181417_1273955.jpg
c0181417_1275619.jpg
c0181417_128122.jpg
c0181417_1282597.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-13 07:54 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。すでに、この地域の住民の避難は終わっていたが、物資までは運び出す余裕はなかった・・・。そして、ライフラインを破壊されて使用不能になる事を怖れて、この地域を含め、火星側が電力などの供給を強制的に止める事はなかった・・・。
c0181417_0515044.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-12 23:29 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。
c0181417_0515044.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-12 00:38 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。地球側としては、戦力差を考えると、長期戦は避けたかったが、大幅な戦力増強は難しく、比較的小規模な戦力での波状攻撃を繰り返していた・・・。火星側も、国民の支持基盤が弱いため、有人兵器を使用しての戦闘は極力避けたかった・・・。
c0181417_12362552.jpg
c0181417_12364165.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-11 12:59 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。
c0181417_12362552.jpg
c0181417_12364165.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-11 11:50 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。一方、火星側首都からは、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を火星側首都近郊の航空基地に向けて出発させていた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、さらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていたが、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車のうちの 4台が対空ミサイルを 1発ずつ発射していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路を離陸して発進していた・・・。一方、その頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて、艦載機を発進させていた・・・。その頃、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母の内部から、せり上がり式のエレベーターで、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が上がってきて、地球側では現在のところ新型の宇宙戦闘機である、地球側宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備)が10機が置いてある甲板上に出てきた後、滑走路から、次々と発進して、火星側の大気圏に突入していった・・・。地球側艦載機搭載型大型宇宙船は、大型の軍用機クラスのものまで搭載可能だが、やはり、それでも、地上部隊の兵器を積み込むのには限界もあった・・・。そのため、主に軍用の兵器を補充するために地球に戻っていったのだった・・・。
c0181417_14421271.jpg
c0181417_14422478.jpg
c0181417_14423163.jpg
c0181417_14424079.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-10 18:39 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。一方、火星側首都からは、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を火星側首都近郊の航空基地に向けて出発させていた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、さらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていたが、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車のうちの 4台が対空ミサイルを 1発ずつ発射していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路を離陸して発進していた・・・。一方、その頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて、艦載機を発進させていた・・・。その頃、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母の内部から、せり上がり式のエレベーターで、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が上がってきて、地球側では現在のところ新型の宇宙戦闘機である、地球側宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備)が10機が置いてある甲板上に出てきた後、滑走路から、次々と発進して、火星側の大気圏に突入していった・・・。
c0181417_14421271.jpg
c0181417_14422478.jpg
c0181417_14423163.jpg
c0181417_14424079.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-10 11:53 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。一方、火星側首都からは、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を火星側首都近郊の航空基地に向けて出発させていた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、さらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていたが、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車のうちの 4台が対空ミサイルを 1発ずつ発射していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路を離陸して発進していた・・・。一方、その頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて、艦載機を発進させていた・・・。その頃、また、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母の内部から、せり上がり式のエレベーターで、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が上がってきて、地球側では現在のところ新型の宇宙戦闘機である、地球側宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備)が10機が置いてある甲板上に出てきた後、滑走路を進んでいた・・・。地球側では、地球周辺を警護する地球側第 1宇宙艦隊と火星攻略の中心となる地球側第 4宇宙艦隊の増強も図ろうとしていたが、装備や物資などの輸送を含めて、あまり進んでいなかった・・・。そして、地球側には、もはや、長期戦を続けるだけの経済的な余裕もなかった・・・。
c0181417_20125443.jpg
c0181417_20131645.jpg
c0181417_20131553.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-10 00:00 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。一方、火星側首都からは、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を火星側首都近郊の航空基地に向けて出発させていた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、さらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていたが、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車のうちの 4台が対空ミサイルを 1発ずつ発射していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところでは、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)のうちの一機が滑走路を離陸して発進していた・・・。一方、その頃、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて、艦載機を発進させていた・・・。その頃、また、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母の内部から、せり上がり式のエレベーターで、地球側宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)が上がってきて、地球側では現在のところ新型の宇宙戦闘機である、地球側宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備)が10機が置いてある甲板上に出てきた後、滑走路を進んでいた・・・。
c0181417_20125443.jpg
c0181417_20131645.jpg
c0181417_20131553.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-09 17:35 | 物語A