「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2013年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧

物語は、やはり、ものすごい集中力を必要としていて、体調の方がそれについていけないような感じです・・・。年末ぐらいまで休んでも再開出来るかどうかも微妙ですが、やはり、夏でも天気も悪く寒い日が続いて、心臓の調子も思いの外悪く、あまり体の方も動けず、寝ている時間も多かったです。とにかく、ただ休むだけでも、家の方も限界に近いような感じで、結婚の見通しもなく、まだまだ、祈るしかないのかなと思う日々が続いていくのかなとも思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-31 22:57 | ブログ
このPARTは、最初の絵の日付が、2013‎年‎4‎月‎17‎日、‏‎14:53:58で、最後の絵の日付が、2013‎年‎7‎月‎16‎日、‏‎9:14:30ですが、やはり、思ったよりも、物語の絵の続きを描く事が難しく、最後はストックも少なくなって、打ち切りのような感じになりました・・・。とにかく、また、かなり長く休んで、遅くても、年末までには、次のPARTを再開したいところですが、とりあえず、ゆっくりもしながら、じっくり考えて、集中力も高めていきたいかなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-22 19:23 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって脱出していったが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を除く、火星側首都近郊の航空基地にあった火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊は、地下にあったものを含めて自爆していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまで到達していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部は、火星側首都に向かって方向転換して、撤退を開始しようとしていた・・・。一方、その後、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んで、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊は、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)に搭載されていた艦載機の一機を使って、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉に、ワイヤー式でシート型の高出力エネルギー発生装置を取り付けて、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、その、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉を消滅させていた・・・。そして、そのしばらく後、地球側政府から再三要求されていた、火星側大統領の辞任が火星側政府から発表されて、辞任した火星側大統領が、うっすら目に涙を浮かべて会見を開いていた・・・。火星側では、今回の火星側大統領の辞任については、火星側首都では、おおむね歓迎する一方、火星側地方都市の一部では、地球側に対する反発も強かった・・・。また、しばらく時を置いて、地球側宇宙艦隊に制圧された火星側首都近郊の航空基地の奪還も密かに狙っていて、あわよくば、火星側新首都になろうと考えていた火星側地方都市もあった・・・。


スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) (PART24) (おわり)
c0181417_0493935.jpg
c0181417_0495033.jpg
c0181417_0495979.jpg
c0181417_0501023.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-22 19:05 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって脱出していったが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を除く、火星側首都近郊の航空基地にあった火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊は、地下にあったものを含めて自爆していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまで到達していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部は、火星側首都に向かって方向転換して、撤退を開始しようとしていた・・・。一方、その後、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んで、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊は、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)に搭載されていた艦載機の一機を使って、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉に、ワイヤー式でシート型の高出力エネルギー発生装置を取り付けて、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、その、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉を消滅させていた・・・。そして、そのしばらく後、地球側政府から再三要求されていた、火星側大統領の辞任が火星側政府から発表されて、辞任した火星側大統領が、うっすら目に涙を浮かべて会見を開いていた・・・。


スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) (PART24) (おわり)
c0181417_0493935.jpg
c0181417_0495033.jpg
c0181417_0495979.jpg
c0181417_0501023.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-22 00:26 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって脱出していったが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を除く、火星側首都近郊の航空基地にあった火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊は、地下にあったものを含めて自爆していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまで到達していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部は、火星側首都に向かって方向転換して、撤退を開始しようとしていた・・・。火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部の撤退命令は火星側首都から出ていたが、火星側政府の内部でも賛否が分かれていた・・・。しかし、多くの火星側首都市民は、地球側との紛争を望んでいないため、ほとんどが歓迎していた・・・。
c0181417_0564599.jpg
c0181417_0565512.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-21 23:50 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって脱出していったが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を除く、火星側首都近郊の航空基地にあった火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊は、地下にあったものを含めて自爆していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまで到達していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部は、火星側首都に向かって方向転換して、撤退を開始しようとしていた・・・。
c0181417_0564599.jpg
c0181417_0565512.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-21 00:45 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって脱出していったが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を除く、火星側首都近郊の航空基地にあった火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊は、地下にあったものを含めて自爆していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまで到達していた・・・。火星側では、大統領の権限が弱く、主に、反政府勢力と軍の力が強かった・・・。そして、火星側政府は、そのどちらからの支持もなく、孤立を深めていた・・・。
c0181417_1355150.jpg
c0181417_136530.jpg
c0181417_1361599.jpg
c0181417_1364397.jpg
c0181417_1365435.jpg
c0181417_137456.jpg
c0181417_1371488.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-20 23:29 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって脱出していったが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その後、地球側の攻撃部隊と戦っていた、火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部を除く、火星側首都近郊の航空基地にあった火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊は、地下にあったものを含めて自爆していた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した後、火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が、火星側首都の大統領官邸の近くにあって、すでに閉じられていたトンネルの扉のところまで到達していた・・・。
c0181417_1355150.jpg
c0181417_136530.jpg
c0181417_1361599.jpg
c0181417_1364397.jpg
c0181417_1365435.jpg
c0181417_137456.jpg
c0181417_1371488.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-20 00:57 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その頃、すでに、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の要員全員を乗せて、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって飛び去っていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の入口の部分では、地球側の攻撃部隊と火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊や火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部との激しい消耗戦は、地球側の攻撃部隊が劣勢になりつつあり態勢を整えようとしていたが、逆に、包囲されつつも、応戦していた・・・。火星側首都近郊の航空基地の管制塔の爆発は、瞬時に、火星側首都にも伝わっていた・・・。そして、火星側首都の大統領官邸にある制御装置からは、ある命令が出されて、すでに、火星側首都の大統領官邸から発信されていた・・・。
c0181417_3283172.jpg
c0181417_3275424.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-19 23:49 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発した後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部では赤色灯が点いて脱出を要請する警報が流れた後、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の内部ではショートが起きて、白熱化して、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の外装の部分にも亀裂が走った後、爆発していた・・・。その頃、すでに、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の要員全員を乗せて、火星側首都近郊の航空基地の管制塔の地下内部に待機していた火星側多目的飛行体は離陸して火星側首都近郊の航空基地の管制塔の下部の出入口から火星側首都に向かって飛び去っていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の入口の部分では、地球側の攻撃部隊と火星側首都近郊の航空基地の無人兵器の守備隊や火星側首都近郊の航空基地に派遣されていた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部との激しい消耗戦は、地球側の攻撃部隊が劣勢になりつつあり態勢を整えようとしていたが、逆に、包囲されつつも、応戦していた・・・。
c0181417_3283172.jpg
c0181417_3275424.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-19 01:36 | 物語A