ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2012年 05月 ( 49 )   > この月の画像一覧

やはり、物語の方は、PART22が終わってから、まだ続きの絵が描けないような感じです・・・。また、スランプだけではなく、体調もすぐれず、なかなか動けず、一日の過ごし方も、座ってるか寝ているかの方が長いような気がします。とりあえず、夏にもなりますが、まだまだ静養しながら、何とか、少しでも体調が良くなって、また、長いスランプからも、ほんのわずかでも脱する事が出来ればいいなと思います。語学の方もサボりがちで、結婚の方も何の見通しも立ちませんが、世界情勢同様、まずは成り行きを見守りながら、少しでも良い方向に進む事を祈るばかりです・・・。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-31 23:23 | ブログ
最初の絵の作成日時は、‎2012‎年‎3‎月‎13‎日、‏‎10:44:46で、最後の絵の作成日時は、‎2012‎年‎5‎月‎9‎日、‏‎8:56:27かなと思いますが、やはり、依然として、体調不良とスランプは深刻で、なかなか絵も描けない状態も続いています・・・。とりあえず、また、静養しながら、世界情勢の分析や語学などをやりながら、結婚も目指して、もし、生きていたら、いつの日にか、また、物語を再開出来たらいいなと思います・・・。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-23 22:59 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていたうちの 5機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていたうちの 1機が機銃を発射して、爆発させていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 7発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換してさらに進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換して、さらに進んでいたが、7発目のミサイルのところに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 8機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 5機のうちの破壊される前の 1機が発射した多目的ミサイル 1発が、命中して爆発、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところにすでに待機していたミサイル発射台トラックごと爆発させていた・・・。その直後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の屋根の上に掲げられていた国旗が降ろされ、代わりに白旗が掲げられた・・・。そして、その後、地球側大統領の辞任が発表され、旧政府軍、政府軍とも、戦闘を中止して、停戦状態になった・・・。その後、旧政府軍は政府軍を吸収合併して、連合政府として、地球側を代表する政権になった・・・。そうした中、地球側旧政府軍の元大統領が、地球側連合政府の初代大統領として選出され、会見を行い、暗躍を続ける反乱軍や地球的組織や、対立する月側や火星側との争いに関しては、状況に応じて対応していくという趣旨の方向性を示した・・・。しかし、大方の予想は、この政権が短命に終わり、また内戦状態に戻るのではないかと危惧していた・・・。それに加えて、地球側連合政府の初代大統領の支持基盤が弱く、影響力の低下も懸念されていた・・・。

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) (PART22) (おわり)

c0181417_22493736.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-23 22:49 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていたうちの 5機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていたうちの 1機が機銃を発射して、爆発させていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 7発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換してさらに進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換して、さらに進んでいたが、7発目のミサイルのところに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 8機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 5機のうちの破壊される前の 1機が発射した多目的ミサイル 1発が、命中して爆発、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところにすでに待機していたミサイル発射台トラックごと爆発させていた・・・。その直後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の屋根の上に掲げられていた国旗が降ろされ、代わりに白旗が掲げられた・・・。そして、その後、地球側大統領の辞任が発表され、旧政府軍、政府軍とも、戦闘を中止して、停戦状態になった・・・。その後、旧政府軍は政府軍を吸収合併して、連合政府として、地球側を代表する政権になった・・・。そうした中、地球側旧政府軍の元大統領が、地球側連合政府の初代大統領として選出され、会見を行い、暗躍を続ける反乱軍や地球的組織や、対立する月側や火星側との争いに関しては、状況に応じて対応していくという趣旨の方向性を示した・・・。


スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) (PART22) (おわり)

c0181417_22493736.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-23 22:27 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていたうちの 5機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていたうちの 1機が機銃を発射して、爆発させていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 7発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換してさらに進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換して、さらに進んでいたが、7発目のミサイルのところに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 8機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 5機のうちの破壊される前の 1機が発射した多目的ミサイル 1発が、命中して爆発、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところにすでに待機していたミサイル発射台トラックごと爆発させていた・・・。その直後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の屋根の上に掲げられていた国旗が降ろされ、代わりに白旗が掲げられた・・・。そして、その後、地球側大統領の辞任が発表され、旧政府軍、政府軍とも、戦闘を中止して、停戦状態になった・・・。旧政府軍は、政府軍の高官や将校達の地位を保証し、政府軍に、新たに、連立政権樹立を申し入れた・・・。結果的に、暫定政府という形で合意に達した・・・。
c0181417_0162117.jpg
c0181417_0165670.jpg
c0181417_0174859.jpg
c0181417_018089.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-22 23:58 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていたうちの 5機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていたうちの 1機が機銃を発射して、爆発させていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 7発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換してさらに進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換して、さらに進んでいたが、7発目のミサイルのところに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 8機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 5機のうちの破壊される前の 1機が発射した多目的ミサイル 1発が、命中して爆発、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところにすでに待機していたミサイル発射台トラックごと爆発させていた・・・。その直後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の屋根の上に掲げられていた国旗が降ろされ、代わりに白旗が掲げられた・・・。そして、その後、地球側大統領の辞任が発表され、旧政府軍、政府軍とも、戦闘を中止して、停戦状態になった・・・。
c0181417_0162117.jpg
c0181417_0165670.jpg
c0181417_0174859.jpg
c0181417_018089.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-22 23:52 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていたうちの 5機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていたうちの 1機が機銃を発射して、爆発させていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 7発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換してさらに進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換して、さらに進んでいたが、7発目のミサイルのところに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 8機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 5機のうちの破壊される前の 1機が発射した多目的ミサイル 1発が、命中して爆発、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところにすでに待機していたミサイル発射台トラックごと爆発させていた・・・。ミサイル発射台トラックには、遠隔操作で誰も乗っていなかったため、犠牲者はなかったが、地球側官邸には、旧政府軍の特殊部隊が突入間近の情報も入っていて混乱していた・・・。また、現在の地球側大統領も、もはや、これ以上抵抗するのは困難だと感じていた・・・。
c0181417_12182285.jpg
c0181417_182844.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-21 23:58 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていたうちの 5機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていたうちの 1機が機銃を発射して、爆発させていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 7発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換してさらに進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換して、さらに進んでいたが、7発目のミサイルのところに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 8機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 5機のうちの破壊される前の 1機が発射した多目的ミサイル 1発が、命中して爆発、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところにすでに待機していたミサイル発射台トラックごと爆発させていた・・・。
c0181417_18698.jpg
c0181417_182844.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-21 23:37 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 6発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換して進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 4機のうちの 1機が、多目的ミサイルを 1発発射した後、旋回して逆方向にまたさらに戻りつつあった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの 2機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていた・・・。その頃、政府軍の戦力は、もはや、内部崩壊していて、動員出来る戦力も、ほとんどなかった・・・。特に、政府軍の下士官の離反が目立っていた・・・。
c0181417_00575.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-20 23:52 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路からも、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。同じ頃、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げて、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球側では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。そして、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、地球から発進した地球側第 6宇宙艦隊を途中まで護衛した、地球側第 1宇宙艦隊の第二分隊がいた・・・。一方、結成された旧政府軍の宇宙艦隊も、少しずつ数を増やして、地球の北半球より、太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、地球の赤道より、火星方向に、ほんの少し斜め下に離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、地球の南半球より、火星方向にほんの少し離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が待機していた・・・。一方、月側宇宙艦隊は、月側第 1宇宙艦隊が、月の北半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。そして、月側第 2宇宙艦隊が、月の北半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、月側第 3宇宙艦隊は、月の南半球の太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。さらに、月側第 4宇宙艦隊が、月の南半球の火星方向に少し離れた宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の南極の上の宇宙では、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向に、ほんのわずかに離れた宇宙にいて、そこから、ほんの少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんのわずかに木星方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんのわずかに太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。そして、地球側第 2宇宙艦隊の斜め後ろ上の宇宙には、地球から発進してきた、地球側第 6宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向に少し離れた宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の護衛をしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域では、ある、南側にある島から、旧政府軍移動型要塞 (TYPE I)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島からは遠く離れた、ある、北側にある島からも、旧政府軍移動型要塞 (TYPE II)が発進して、すでに洋上に出ていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III が発進していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸から、そう離れてはいないところに待機していた、旧政府軍大型輸送トラックの後ろの部分のフードが手前に収納されて、搭載されていた小型戦闘機が上昇した後、前方に飛び立っていった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母の中間地点の近くまで到達して進んできた後、その反対側の方向から、いた・・・。地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した、旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III のうちの、10機も到達してきた後、空中戦で、お互いに一機ずつ失った後、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって、すでに飛び去っていた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの1機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した合計10機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの残りの 6機うちの 1機に機銃を浴びせて、爆発させた後、その爆発の上のところまで進んで回避して、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かって進んでいた・・・。その後、ついに、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の方向に向かっていた 4機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路の脇にあるところには、すでに、ミサイル発射台トラックが待機していて、小型ミサイルを 6発連射していたが、そのうちの先頭の 1発が、向かって右方向に方向転換して進んだ後、2発目のミサイルも左に方向転換していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点にあたる洋上に、すでに待機していた、旧政府軍の中型空母から発進した10機のうちの残った 9機の旧政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III うちの、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、北側にある島と、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで到達していた 4機のうちの 1機が、多目的ミサイルを 1発発射した後、旋回して逆方向にまたさらに戻りつつあった・・・。一方、同じ頃、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸の滑走路から発進していた、政府軍の、大気圏内専用戦闘機 III 4機のうちの、残った 3機のうちの 2機が、地球の北半球の昼の部分の地域の、ある、南側にある島の、ほぼ中間地点の内陸部の人工高台にある、地球側官邸のところまで戻ってきていた・・・。
c0181417_2350131.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2012-05-20 23:44 | 物語A