「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

最初の絵の日付が、2011‎年‎5‎月‎26‎日、‏‎15:30:03で、最後の絵の日付が、2011‎年‎8‎月‎31‎日、‏‎22:43:15ですが・・・。スランプで、なかななか絵が描けず、体調もすぐれず、それに追い打ちをかけるように、いろんな名前を騙っている、なりすましの人からのブログ攻撃などもあって、少し精神的にもまいってしまって、やはり、少し休養する事にしました・・・。これからはPARTがひとつ終わるごとに休んでもいいかなとも思いますし、また、絵のストックを増やして、再開出来るようになったら、また少しずつでもやっていきたいかなと思います。
[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-13 01:50 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達した後、地球の北極の火星方向に斜め上の宇宙まで来た後、地球の北極の火星方向にほんの少し斜め上の宇宙まで来た後、地球の北極の上空の宇宙にまで来て待機していた・・・。地球側政府軍では、地球側第 1宇宙艦隊の燃料や弾薬の補給が終わるまでは、現状を維持すべきという方針が固まっていた・・・。一方、地球側旧政府軍宇宙艦隊も、まだ数が少なく、なかなか攻勢もかけられないため、もう少し宇宙船の数を補充したいところだった・・・。

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) (PART21) (おわり)
c0181417_114358.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-13 01:32 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達した後、地球の北極の火星方向に斜め上の宇宙まで来た後、地球の北極の火星方向にほんの少し斜め上の宇宙まで来た後、地球の北極の上空の宇宙にまで来て待機していた・・・。

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) (PART21) (おわり)
c0181417_114358.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-13 01:14 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達した後、地球の北極の火星方向に斜め上の宇宙まで来た後、地球の北極の火星方向にほんの少し斜め上の宇宙まで来ていた・・・。地球側政府軍では、ここにきて、今後の方針について紛糾していた・・・。穏健派は月側との共同戦線まで主張して、強行派との対立を深めていたが、地球側旧政府軍の攻勢がすさまじいため、まずは、態勢を立て直す事については一致していた・・・。
c0181417_23495529.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-12 01:48 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達した後、地球の北極の火星方向に斜め上の宇宙まで来た後、地球の北極の火星方向にほんの少し斜め上の宇宙まで来ていた・・・。
c0181417_23495529.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-11 23:50 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達した後、地球の北極の火星方向に斜め上の宇宙まで来ていた・・・。地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も、旧政府軍の宇宙艦隊も、それぞれの指令本部からの攻撃命令がない限り交戦しないつもりだった・・・。しかし、地球側政府軍指令本部も、また、常に移動していて、どこにあるか分からない地球側旧政府軍の指令本部でも、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊と、旧政府軍の宇宙艦隊の艦隊戦は近いと考えていた・・・。
c0181417_450029.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-11 10:55 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達した後、地球の北極の火星方向に斜め上の宇宙まで来ていた・・・。
c0181417_450029.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-11 04:50 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達していた・・・。地球側では、地球側第 1宇宙艦隊を首都防衛の護衛艦隊としても使おうとしていた・・・。しかし、静観している月側が宇宙艦隊が地球側旧政府軍宇宙艦隊と同盟を組んで包囲してくる事を恐れてもいた・・・。
c0181417_28338.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-10 03:04 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来た後、地球の北半球の宇宙にまで到達していた・・・。
c0181417_28338.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-10 02:10 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊のところにスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が追いついてきていた・・・。しかし、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊がさらに、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊を追って、スペースコロニー (人工小惑星)に近づき始めたため、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊もスペースコロニー (人工小惑星)の方向に引き返し始めた・・・。そして、その後、地球から発進してきていた地球側第 6宇宙艦隊が、スペースコロニー (人工小惑星)の北極近くの上空あたりの宇宙まで辿り着いていた後、火星の方向へ通り過ぎていた・・・。地球側第 6宇宙艦隊を追撃してきた月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊も、地球方向に戻りつつあった・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が地球赤道あたりの宇宙まで戻って来た後、地球の南半球からやや離れた宇宙にまで斜め前下に急降下していた・・・。一方、地球側の特使として向かっていたスペースコロニー(人工小惑星)を追撃してきた月側宇宙艦隊の攻撃を避けて通過していた地球側第 6宇宙艦隊は、火星周辺の宇宙に到着していた・・・。一方、味方の援護に駆けつけようとしていた月側第 4宇宙艦隊は、ほぼ、月側の南極の上空の宇宙に戻っていて、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊も、月側第 4宇宙艦隊の下の宇宙を回り込んで、月の赤道より太陽方向にやや離れた宇宙に出ていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊は、月側第 4宇宙艦隊の少し下の高さのやや離れた斜め後ろに後退して追尾した後、その背後についていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊のかなり離れた斜め上に急上昇していた・・・。だが、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、やや離れていた後、また斜め後ろに大きく下がった後、その近くに追いかけてきた地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かった地球側第 1宇宙艦隊本隊より、さらに斜め後ろに大きく上がっていた・・・。しかし、その後、月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊の斜め下の宇宙に移動していた・・・。そしてその後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側旧政府軍の宇宙艦隊のそれぞれ上下斜め後方についていた・・・。しかし、その後、地球側旧政府軍の宇宙艦隊は、地球方向に斜め上に後退していた・・・。そして、その後、月側第 2宇宙艦隊と月側第 4宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の分隊や地球側第 1宇宙艦隊本隊などの近くの宇宙にまで戻った後、正面についていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊の包囲から散り散りに斜めに飛び出して退避していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊は、月側第 3宇宙艦隊を除いて、分散した地球側第 1宇宙艦隊の近くに接近してきていた・・・。しかし、その後、今度は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊が、月側宇宙艦隊のななめの宇宙に退避していた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊分隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球周辺の宇宙にまで後退していた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、また、月よりかなり離れた宇宙のところまで戻っていた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月周辺の宇宙に近づきつつあった・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、月側宇宙艦隊のうち、それぞれ、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊に接近していた・・・。しかし、その後、月側宇宙艦隊のうち、月側第 1宇宙艦隊や月側第 2宇宙艦隊や月側第 3宇宙艦隊は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊や、本隊地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊から、それぞれ、少し距離を取り始めていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊や地球側第 1宇宙艦隊の分隊も、月側宇宙艦隊からかなり大きく距離を取り始めていた・・・。しかし、その後、月側第 3宇宙艦隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊を追撃してきて接近してきた・・・。しかし、その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、大きく斜め下に急降下して離れていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊は、地球の南半球周辺に、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極より離れたところまで戻っていた・・・。そして、その後、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、地球の南極の上空の宇宙を通り過ぎて、地球の西半球の宇宙にまで到達してきた後、地球の赤道よりほんの少し上のあたりまで来ていた・・・。地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、あくまでも、当面は地球の守備につこうとしていた・・・。しかし、地球側政府軍の戦況は逼迫していて、地球側旧政府軍の宇宙艦隊との艦隊戦も考えられる状況だった・・・。
c0181417_2292898.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-09-09 13:40 | 物語B