「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2011年 07月 ( 63 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。スペースコロニー側第 1宇宙艦隊は、地球側からの要請を受け、出動していたが、月側宇宙艦隊との交戦までは義務づけられていなかった・・・。しかし、地球側第 6宇宙艦隊が攻撃された時には援護するようにとの要請も受けていた・・・。
c0181417_2345314.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-31 23:56 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた後、反転して急上昇して、月側第 1宇宙艦隊の遠く離れた背後についていた・・・。一方、スペースコロニー (人工小惑星)の北極の上の宇宙で待機していたスペースコロニー側第 1宇宙艦隊が地球方向に向かって出動していた・・・。一方、月の赤道から地球方向に少し離れたところで配置についている地球側第 1宇宙艦隊の分隊の少し後方にいた地球側第 1宇宙艦隊本隊が、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の援護に向かったのに続いて、月の南極より、やや離れた宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊も、地球側第 1宇宙艦隊本隊の追撃に向かっていた・・・。
c0181417_2345314.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-31 23:45 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、 船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた・・・。地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、追撃してくる月側第 1宇宙艦隊と月側第 3宇宙艦隊の背後に回ろうというよりは、地球側からの援軍に期待していた・・・。しかし、地球側も、宇宙に対しての供給能力も攻撃能力も不足していた・・・。
c0181417_23452823.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-31 10:30 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かって進んでいたが、それに対し、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、その真ん中を地球方向に通り抜けていた・・・。
c0181417_23452823.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-30 23:45 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かっていた・・・。月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊には、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の追撃命令が出ていたが、どの程度の規模か、何処まで追撃するのかの命令までは出ていなかった・・・。そのため、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊は協議の結果、攻撃可能の範囲内までという事にしていた・・・。
c0181417_23465045.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-29 23:55 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。その後、しばらくして、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊がスペースコロニー(人工小惑星)に向かっていたが、地球の北極上空の宇宙にいた、月側第 1宇宙艦隊と、地球の南極上空の宇宙にいた、月側第 3宇宙艦隊が、追撃のために、上下の間隔を狭めながら、地球側第 6宇宙艦隊と、地球側第 1宇宙艦隊から選抜された地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊の方向に向かっていた・・・。
c0181417_23465045.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-29 23:47 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。地球側では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣する地球側第 6宇宙艦隊を、いずれは火星侵攻作戦に参加させようとしていた・・・。しかし、その前に、まずは特使としてスペースコロニー側に派遣しようとしていた・・・。
c0181417_18224578.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-29 19:32 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より、やや離れた宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より、やや離れた宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。そして、月の赤道から少し離れた宇宙には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が待機していた・・・。一方、その少し後方の宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊がいた・・・。一方、地球の北半球より月方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して結成された旧政府軍の宇宙艦隊が待機していた・・・。一方、二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再建された地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球から火星方向に相当離れた宇宙を進んでいた・・・それより斜め後ろ下に離れた宇宙を、地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊も火星方向に進んでいた・・・。。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、やや離れた、ほんの少し太陽方向にずれた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊が対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第 5宇宙艦隊より、かなり斜め後ろ下の、太陽方向にやや少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極より少し太陽方向にずれた宇宙で、そこから少し木星方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、木星方向にずれた、少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 4宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回りかけていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南半球より、やや離れた宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。
c0181417_18224578.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-29 18:22 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。地球側では、地球側に降伏したスペースコロニー(人工小惑星)を奪還しようとする月側の動きを警戒していた・・・。しかし、月側でも、もはや、単独では地球側と戦う事すら難しいとする意見もあり、まだ、今後の方針さえ統一されていなかった・・・。
c0181417_2350558.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-28 00:45 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していたが、やや降着状態に陥っていた・・・。その頃、スペースコロニー(人工小惑星)周辺の宇宙では、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊が待機命令を受け集結していた・・・。まず、レーダー電波吸収材の戦闘用の宇宙船 (Frying Squirrel)が、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (スペースコロニー側)も、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (TYPE II) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式球形型エネルギー弾装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 IV (White Shark IV) (船首交換式折りたたみ式レーザー反射板装備) (スペースコロニー側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦IV (Shield IV) (スペースコロニー側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、その中には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊の司令官も乗っていた・・・。一方、地球周辺の宇宙では、スペースコロニー(人工小惑星)に派遣される地球側第 6宇宙艦隊の援護のため、地球側第 1宇宙艦隊の中から、別行動としての宇宙船が集結し始めていた・・・。まず、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)が到着していた・・・。そして、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙用空母 (地球側)も到着していた・・・。そして、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も到着して、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊では、地球側第 1宇宙艦隊の指令官が指揮を執っていた・・・。そして、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻、宇宙用空母 (地球側)一隻、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)一隻で構成された地球側第 1宇宙艦隊からの地球側第 6宇宙艦隊の護衛艦隊は、隊列を組んで発進していた・・・。
c0181417_2350558.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-07-27 23:51 | 物語A