「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2011年 06月 ( 61 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の空を通り過ぎて去った後、首都付近の海上まで到達して進んでいた後、前斜め下に急降下していたが方向転換してさらに後退して急降下してさらに戻って、少し上昇して、駆逐艦 (政府軍)の方向に、また方向転換した後、迎撃ミサイルとして、小型ミサイルと、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)も到達した後、艦橋の前のミサイル発射台から発射されて、方向転換して攻撃目標に向かって、さらにまた進み続けていた 1発目のミサイルが衝突して爆発して、少し消えかかっていた炎の下を通過して進んでいたレーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)に対して、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)は、艦橋の前のミサイル発射台から、2発目のミサイルを発射していた直後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も迎撃ミサイルを発射していた・・・。
c0181417_2348363.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-30 23:43 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達していたが、地上に待機していた政府軍主力大型戦車の主砲の上の回転式のミサイル発射台と機関砲宇兼用の砲台のうちの、前面に出させた機関砲から連射された砲弾が、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)に命中して爆発させた、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)の炎も相当消えかかっていた・・・。一方、それ以前に、迎撃のために発進して到達してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も方向転換して帰還の途について戻りつつあった・・・。
c0181417_23222323.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-30 23:22 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の空を通り過ぎて去った後、首都付近の海上まで到達して進んでいた後、前斜め下に急降下していたが方向転換してさらに後退して急降下してさらに戻って、少し上昇して、駆逐艦 (政府軍)の方向に、また方向転換した後、迎撃ミサイルとして、小型ミサイルと、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)も到達した後、艦橋の前のミサイル発射台から発射されて、方向転換して攻撃目標に向かって、さらにまた進み続けていた 1発目のミサイルが衝突して爆発して、少し消えかかっていた炎の下を、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)が通過して進んでいた・・・。一方、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)は、艦橋の前のミサイル発射台から、2発目のミサイルを発射していた・・・。
c0181417_23521151.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-29 23:53 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達していたが、地上に待機していた政府軍主力大型戦車の主砲の上の回転式のミサイル発射台と機関砲宇兼用の砲台のうちの、前面に出させた機関砲から連射された砲弾が、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)に命中して爆発させた、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)の炎もかなり消えかかっていた・・・。一方、それ以前に、迎撃のために発進して到達してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も方向転換して帰還の途についていた・・・。
c0181417_23431197.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-29 23:43 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の空を通り過ぎて去った後、首都付近の海上まで到達して進んでいた後、前斜め下に急降下していたが方向転換してさらに後退して急降下してさらに戻って、少し上昇して、駆逐艦 (政府軍)の方向に、また方向転換した後、迎撃ミサイルとして、小型ミサイルと、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)も到達した後、艦橋の前のミサイル発射台から発射されて、方向転換して攻撃目標に向かって、さらにまた進み続けていたミサイルが衝突して爆発していたが、その下を、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)が通過しようとしていた・・・。
c0181417_23234824.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-29 23:24 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達していたが、地上に待機していた政府軍主力大型戦車の主砲の上の回転式のミサイル発射台と機関砲宇兼用の砲台のうちの、前面に出させた機関砲から連射された砲弾が、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)に命中して爆発させた、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)の炎がやや消え始めていた・・・。一方、それ以前に、迎撃のために発進して到達してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も方向転換して帰還しようとしていた・・・。
c0181417_2343632.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-29 23:05 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の空を通り過ぎて去った後、首都付近の海上まで到達して進んでいた後、前斜め下に急降下していたが方向転換してさらに後退して急降下してさらに戻って、少し上昇して、駆逐艦 (政府軍)の方向に、また方向転換した後、迎撃ミサイルとして、小型ミサイルを発射していた・・・。一方、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)も到達した後、艦橋の前のミサイル発射台から発射されたミサイルも方向転換して攻撃目標に向かって、さらにまた進み続けていた・・・。
c0181417_2357823.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-28 23:57 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、待機していた政府軍主力大型戦車が主砲の上のミサイル発射台と機関砲宇兼用の砲台を前後に回転させて、機関砲の部分を前面に出させた後、機関砲を連射させて、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)に命中させて、爆発させた、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)の炎が広がっていた・・・。
c0181417_2349382.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-28 23:50 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の空を通り過ぎて去った後、首都付近の海上まで到達して進んでいた後、前斜め下に急降下していたが方向転換してさらに後退して急降下してさらに戻って、少し上昇して、駆逐艦 (政府軍)の方向に、また方向転換していた・・・。一方、旧政府軍の駆逐艦と、まったく同型で、元々は政府軍所属の、駆逐艦 (政府軍)も到達した後、艦橋の前のミサイル発射台から発射されたミサイルも方向転換して攻撃目標に向かって、さらにまた進み続けていた・・・。
c0181417_2344995.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-27 23:44 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その最中、破壊されずに残った二隻が地球に帰還した後、再建されて、宇宙に打ち上げられた、地球側第 6宇宙艦隊の宇宙船も集結していた・・・。その頃、地球の夜の部分の、水没した、或る海岸沿いにあった都市のところの海中には、政府軍司令官を乗せた政府軍の大型潜水艦が現れてビルの横を通り過ぎていった後、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)も上空に到着してきてビルの向こう側の上空を通り過ぎて去った後、首都付近の都市まで到達して進んで急降下していた・・・。一方、迎撃のために発進してきていた、旧政府軍ヘリコプター IIIと、まったく同型で、元々は政府軍所属の、戦闘用ヘリコプターIII (政府軍)の部隊のうちの二機も到達してきて、さらに進んでいた・・・。一方、その頃、地上では、待機していた政府軍主力大型戦車が主砲の上のミサイル発射台と機関砲宇兼用の砲台を前後に回転させて、機関砲の部分を前面に出させた後、機関砲を連射させて、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)に命中させて、レーダー電波吸収材のヘリコプター (反乱軍)を爆発させていた・・・。
c0181417_23223174.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2011-06-27 23:24 | 物語A