<   2011年 05月 ( 65 )   > この月の画像一覧

PART20が終わって・・・。

PART20を始めたのは、2010‎年‎12‎月‎17‎日、‏‎0:21:24の日付になってますが、実質的に最初の絵である、2枚目の日付は2007‎年‎12‎月‎21‎日、‏‎18:11:10で、最後の絵は差し替えなどもあり、2011‎年‎5‎月‎31‎日、‏‎20:39:23です・・・。実は、こんな最中に以前のパソコンがクラッシュしたりして、別のメディアに落とせなかったりしたものなどは事実上消失したので、後からリメイクしました・・・。また、そんな最中に体調を崩し、今でも体調も悪く、心臓も止まりそうなほどで、呼吸もしづらいです・・・。しかも、PART21以降は、元々あまり出来てない上にデータが消失した事もあり、ほとんどストックがないので、物語が止まる可能性もありますが、生きていれば、また再開を目指したいです・・・。
[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-31 22:41 | ブログ

スペースーコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 5月31日(火)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、大陸だなのところまで進んでいって爆発していた・・・。一方、その後、政府軍の基地から飛び立って進んで来た大型爆撃機 (政府軍)が、高速で飛び去る前に海中に投下した中型ミサイルが、上昇して方向転換して撤退していった反乱軍の大型潜水艦のかなり下の海底すれすれの海中を進んだ後、大陸だなのところまで進んできた後、その付近で大爆発していた・・・。大型爆撃機 (政府軍)の中型ミサイルは、たとえ、命中しなくても、爆発の衝撃波で至近距離の敵を破壊する事を目的としてつくられていた・・・。一方、撤退していった反乱軍の大型潜水艦は、政府軍や旧政府軍の包囲網になすすべもなく、作戦行動の範囲を移す事も考え始めていた・・。

スペースコロニーへ・・・。(SPEcIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) (PART20) (おわり)
c0181417_20542022.jpg
c0181417_20545937.jpg
c0181417_20552832.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-31 21:37 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) 2011年 5月31日(火)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、大陸だなのところまで進んでいって爆発していた・・・。一方、その後、政府軍の基地から飛び立って進んで来た大型爆撃機 (政府軍)が、高速で飛び去る前に海中に投下した中型ミサイルが、上昇して方向転換して撤退していった反乱軍の大型潜水艦のかなり下の海底すれすれの海中を進んだ後、大陸だなのところまで進んできた後、その付近で大爆発していた・・・。

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) (PART20) (おわり)
c0181417_20542022.jpg
c0181417_20545937.jpg
c0181417_20552832.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-31 20:55 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。(SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 5月30日(月)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、大陸だなのところまで進んでいって爆発していた・・・。一方、その後、政府軍の基地から飛び立って進んで来た大型爆撃機 (政府軍)が、高速で飛び去る前に海中に投下した中型ミサイルが、上昇して方向転換して撤退していった反乱軍の大型潜水艦のかなり下の海底すれすれの海中を進んでいた・・・。大型爆撃機 (政府軍)が投下した中型ミサイルも、元々、エネルギーミサイルとして、広範囲の破壊に使われるものであったため、多少命中精度は甘めに設定されていた・・・。しかし、至近距離に接近しただけで爆発するように設定されている事も多く、早めに、中型ミサイルが感知する範囲から離れる必要もあった・・・。
c0181417_23373439.jpg

c0181417_23421893.jpg
c0181417_23431519.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-30 23:55 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) 2011年 5月30日(月)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、大陸だなのところまで進んでいって爆発していた・・・。一方、その後、政府軍の基地から飛び立って進んで来た大型爆撃機 (政府軍)が、高速で飛び去る前に海中に投下した中型ミサイルが、上昇して方向転換して撤退していった反乱軍の大型潜水艦のかなり下の海底すれすれの海中を進んでいた・・・。
c0181417_23373439.jpg

c0181417_23421893.jpg
c0181417_23431519.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-30 23:43 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。(SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 5月29日(日)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、大陸だなのところまで進んでいって爆発していた・・・。多目的ミサイルも、攻撃目標に命中しなかった場合は、一定の距離を進んだところで爆発する事もあったが、障害物に接近しただけで爆発する事もあった・・・。そして、爆発するタイミングは、ミサイル内部の感応装置を通して判断されていた・・・。
c0181417_23464343.jpg
c0181417_234753.jpg
c0181417_23471854.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-29 23:57 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) 2011年 5月29日(日)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、大陸だなのところまで進んでいって爆発していた・・・。
c0181417_23464343.jpg
c0181417_234753.jpg
c0181417_23471854.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-29 23:47 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。(SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 5月28日(土)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、見えなくなるぐらいのところまで進んでいった・・・。旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIから発射される多目的ミサイルは、主に、音波などを探知して、攻撃目標に向かってくるため、ぎりぎりまで引きつけてから、かわす方法がよく取られていた・・・。しかし、中には、至近距離に接近しただけで爆発するもタイプのものもあるので、そのタイミングを取るのは難しかった・・・。
c0181417_23431623.jpg
c0181417_23432993.jpg
c0181417_23434685.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-28 23:55 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) 2011年 5月28日(土)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。一方、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上にいた、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが方向転換をした後、撤退する前に、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射されて海中に入った多目的ミサイルが進んできて、反乱軍の大型潜水艦の下の海底すれすれの海中を通り過ぎていって、見えなくなるぐらいのところまで進んでいった・・・。
c0181417_23431623.jpg
c0181417_23432993.jpg
c0181417_23434685.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-28 23:43 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。(SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 5月27日(金)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、すでに、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、2機ずつ、合計 8機飛び立っていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の前方から、7機の地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が接近してきていた・・・。その頃、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数をさらに増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙より、ごくわずかに太陽方向にずれて離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりわずかに少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊よりかなり離れた右下の宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し右下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し下の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護につこうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極より木星方向にかなり離れた右下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいたが、ついに再編成されて北半球の地球から火星方向に動き出していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 4機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が小型ミサイルを発射していたが、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)も、対空ミサイルを 1発発射していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊も戦っていた・・・。一方、地球の北半球の昼間の部分の海岸からやや離れたところには、政府軍の大型潜水艦が到着してきて、海岸方向に向かって通り過ぎていった・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに長距離レーザーを発射していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、6隻の宇宙用空母から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が発進し続けていたが、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進してきた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの 6機が到着して来ていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたがいたが、、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 二機破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させていた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いを続けていたが、そのうちの 1機が発射していた小型ミサイルや、その一機に対して、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイルは外れた後、お互いに通り過ぎていった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発していた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いが続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 三機がさらに破壊されていた・・・。一方、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの二隻がまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発はすでに通り過ぎて見えないところまで進んでいて、残りの一発もまだ進んでいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊のうちの破壊されずに残っているうちの一機が、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)の船首部分に短距離レーザー砲を連射して、損傷させた後、後ろ斜め下に旋回急降下していた・・・。一方、その後、地球側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊が地球側第 3宇宙艦隊のうちの 6隻の宇宙用空母から地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊を発進させ続けて、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進して到着して来ていた、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの一部と戦いが続いていたが、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの何機かが発射していた小型ミサイルうちの 1発と、地球側第 3宇宙艦隊の最前列の下から 2番目の宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)(地球側)が発射していた対空ミサイル 2発のうちの 1発が衝突して爆発していた・・・。一方、火星側自動宇宙戦闘機 IVのうちの別の一機と、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)のうち別の一機が衝突して共に爆発して出来た爆発の炎が広がっていた・・・。一方、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のいるところの宇宙では、地球側第 3宇宙艦隊6隻の宇宙用空母から発進してきた、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の部隊と、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊や、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 4隻の宇宙用空母から発進していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVの部隊との戦いがさらに続いていて、ミサイルなども飛び交っていたり爆発していたが、火星側火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの 火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)のうちの一隻がさらまた新たに発射していた長距離レーザーうちの一発で、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の別の一機の短距離レーザーによる攻撃で、火星側自動宇宙戦闘機 IVが 一機がさらに破壊されていた・・・。一方、その頃、月の北極周辺の宇宙では、再編成された月側第 1宇宙艦隊が集結していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや離れた海中では、政府軍の大型潜水艦が進んでいて、その中には政府軍司令官が乗っていた・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦から、北半球の昼間の部分の地球の海岸の方向に向けて、1発の魚雷が発射された後、海中を斜め前下に急降下していた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し離れた海中にた、反乱軍の大型潜水艦が、政府軍の大型潜水艦から発射された魚雷に向かって、迎撃の魚雷を発射して、命中させて爆発させた後、斜め上に急上昇していた後、魚雷の爆発の斜め下の方向からやってきた政府軍の大型潜水艦から逃げるように、そのまま前方に進んで通り過ぎていった・・・。そして、その後、政府軍の大型潜水艦も、そのまま前方向に進んだ後、後ろに方向転換していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の浅いところまで上昇した後、斜め下に急降下して、さらに反転していた・・・。その後、反乱軍の大型潜水艦は、水深の深いところまで潜水して来ていたが、その下の海底すれすれ海中を、反対方向から、政府軍の大型潜水艦が進んで来ていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射された後、少し進んだ後、海面に向かって斜め下に海中に落下した後、前方に進んでいって、政府軍の大型潜水艦の少し上を通り過ぎていって、政府軍の大型潜水艦も、すれ違うように、見えなくなるところまで前に進んでいった・・・。そして、その後北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルは、反乱軍の大型潜水艦のいるところの深海まできていたが、反乱軍の大型潜水艦の発射した魚雷に迎撃されて、共に爆発していた・・・。一方、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦が現れてきた後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて中型ミサイルを発射した後、艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を倒して元に戻した後、前方の海の方向に去っていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から多目的ミサイルが発射されていた・・・。一方、その後、反乱軍の大型潜水艦も、反乱軍の大型潜水艦は、前方の海の方向をさらに進んでいた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルが、さらに進んでいた・・・。そして、その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが接近してきていた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中していて、共に爆発していた・・・。その後、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや少し遠く離れた海上上空では、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台から発射されていた多目的ミサイルと、反乱軍の大型潜水艦の艦橋の後ろの艦上部分に搭載されている中型ミサイル発射台を立てて海中から発射されて空中に飛び出して進んでいた中型ミサイルが衝突して爆発していた・・・。一方、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より離れた海中では、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上の、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の前のミサイル発射台よりさらに前のミサイル発射台から発射された多目的ミサイルに対して発射された反乱軍の大型潜水艦の迎撃の魚雷 1発が命中して、共に爆発して出来た海中の爆発は収まりつつあったが、その下の海底すれすれのところを反乱軍の大型潜水艦が進んで差しかかっていた・・・。一方、その後、その頃、北半球の昼間の部分の地球の海岸より、やや遠く離れた海上では、方向転換をした、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIの艦橋の後ろのミサイル発射台よりさらに後ろのミサイル発射台から発射された多目的ミサイルが海中に入った後、旧政府軍のミサイル巡洋艦 IIが撤退していった・・・。一方、その頃、政府軍の基地から飛び立っていた、大型爆撃機 (政府軍)が進んで来て、中型ミサイルを海中に投下して高速で飛び去っていった・・・。大型爆撃機 (政府軍)には、特殊ミサイルという、エネルギーミサイルも搭載出来たが、今回は、通常型の弾頭の中型ミサイルが搭載されていた・・・。また、このミサイルも通常型のミサイルとしては破壊力は大きかった・・・。
c0181417_17435279.jpg
c0181417_1744133.jpg
c0181417_17443876.jpg
c0181417_1745211.jpg
c0181417_17452145.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-05-27 18:06 | 物語 1 (B)