<   2011年 03月 ( 65 )   > この月の画像一覧

スペースコロニーへ・・・。(SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 3月31日(木)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、1機ずつ、飛び立っていた・・・。発進は、すべて自動で行われるため、比較的早い方だったが、敵である地球側の宇宙戦闘機も高速なものが増えてきたため、迎撃は一秒を争う事も多かった・・・。また、火星側自動宇宙戦闘機 IVは、主に迎撃用の宇宙戦闘機のため、攻撃に使われる事は、ほとんどなかった・・・。
c0181417_23291675.jpg
c0181417_23294397.jpg
c0181417_23295749.jpg
c0181417_23301912.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-31 23:48 | 物語B

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 3月31日(木)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。そして、その後、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、上昇して甲板にまで到達していた、火星側自動宇宙戦闘機 IVが滑走路に移動して発進していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)4隻から、1機ずつ、飛び立っていた・・・。
c0181417_23291675.jpg
c0181417_23294397.jpg
c0181417_23295749.jpg
c0181417_23301912.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-31 23:30 | 物語A

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDTION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 3月30日(水)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。地球側宇宙艦隊の包囲網と内乱に苦しむ火星側でも、兵器の開発と生産が追いつかず、艦載機の数も、宇宙用空母の搭載可能数を下回る事もあった・・・。また、特に火星側では、必要なパイロットや乗組員の数や育成する時間も足りないため、より自動化が進んでいた・・・。
c0181417_1162920.jpg

c0181417_1251774.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-31 01:36 | 物語B

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 3月30日(水)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇して甲板にまで到達していた・・・。そして、もう、甲板上には、火星側自動宇宙戦闘機 IVがすでに 9機が待機していた・・・。
c0181417_1162920.jpg

c0181417_1251774.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-31 01:25 | 物語A

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDTION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 3月29日(火)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇していた・・・。火星側自動宇宙戦闘機 IVは、パイロットも搭乗可能だったが、やはり、ロボットの乗組員である事が多かった・・・。また、緊急の場合も含めて、コンピューターのみの自動操縦で発進する事も出来た・・・。
c0181417_0223372.jpg

火星側自動宇宙戦闘機 IV
[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-30 04:15 | 物語B

スペースコロニーへ・・・。(通常版) (総集編) 2011年 3月29日(火)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。そして、その頃、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊のうちの火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに載って、火星側自動宇宙戦闘機 IVが上昇していた・・・。
c0181417_0223372.jpg

火星側自動宇宙戦闘機 IV
[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-30 00:22 | 物語A

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDTION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 3月28日(月)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が最も最新鋭の機種が投入されていたが、試作機も多く、戦闘能力は、まだ未知数だった・・・。また、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊とは別行動を取る事が多く、数も比較的少なかった・・・。
c0181417_7354388.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-29 11:26 | 物語B

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 3月28日(月)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊が戦闘態勢で待機していた・・・。
c0181417_7354388.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-29 07:36 | 物語A

スペースコロニーへ・・・。 (SEPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 3月27日(日)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。火星側でも、中型エネルギー砲装備の宇宙船は、通常の戦闘用の宇宙船などよりもコストもかかるため、少なくなりつつはあったが、艦隊戦にも備えて、ある程度の数は配備する計画もあった・・・。しかし、地球側宇宙艦隊との攻防戦は、軍事費も物資も原材料も生産も追いつかないほどの状況で、均衡を保つのも難しい状況になっていた・・・。
c0181417_2495150.jpg
c0181417_250559.jpg

中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)
[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-28 03:33 | 物語B

スペースコロニーへ・・・。 (通常編) (総集編) 2011年 3月27日(日)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、その頃、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などが入り乱れて、それぞれの支配地域拡大のため、激しい勢力争いを繰り返していた・・・。その後、火星を巡る攻防戦は長期化していたが、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側政府軍に反乱を起こしたが降伏して、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側宇宙艦隊として戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、地球の北半球より太陽方向に少し離れたところの宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から離反して旧政府軍の宇宙艦隊になった宇宙船四隻が待機していて、旧政府軍の支配地域から新たに打ち上げられた宇宙船も加えつつ数を増やし続けていた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや少し離れた宇宙にいて、そこから、やや少し離れた太陽方向にいる地球側第 7宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 2宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙にいて、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 5宇宙艦隊の対峙していた・・・。火星側第 3宇宙艦隊は、火星の北半球の北極よりほんの少し太陽方向に離れた宇宙で、そこから少し太陽方向に離れた地球側第 2宇宙艦隊と対峙していた・・・。第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化偵察宇宙艦隊は、その地球側第2宇宙艦隊より少し離れた宇宙にいた・・・。火星側第 4宇宙艦隊は、火星の北極より、やや少し離れたところの宇宙にいて、そこから木星方向にほんの少し下の宇宙にいる地球側第 3宇宙艦隊と対峙していた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の赤道より木星方向にほんの少し上の宇宙にいて、そこから、やや木星方向に離れた斜め上の宇宙にいる、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊の援護に回ろうとしていた・・・。火星側第 6宇宙艦隊は、火星の南極よりかなり離れた下の宇宙にいて、そこより太陽方向に少し離れている、地球側第 5宇宙艦隊と対峙していた・・・。一方、地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、政府軍の支配地域で宇宙船の量産が進められていて再配備の準備がかなり進んでいた・・・。火星側では、旧型化した宇宙船の代わりに後継機種が配備されつつあったが、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊にも配備されていた・・・。まず、中型エネルギー砲装備の自動戦闘用の宇宙船 (火星側)が待機していた・・・。そして、火星側自動化宇宙艦隊の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (火星側)も待機していた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動ミサイル艦III (Shield III) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、宇宙戦闘用の自動護衛艦 III (Shield III AUTO TYPE II) (火星側)も待機していて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、火星側自動宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (火星側)も待機していた・・・。そして、大型ミサイル格納庫中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 (火星側) (旗艦)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備の自動の戦闘用の宇宙船 II (レーザー反射板折りたたみ時)(火星側)も待機していた・・・。そして、中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)も待機していた・・・。
c0181417_2495150.jpg
c0181417_250559.jpg

中型エネルギー砲装備のミサイル戦闘艦 II (火星側)
[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-03-28 02:50 | 物語A