<   2011年 01月 ( 61 )   > この月の画像一覧

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDTION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 1月30日(日)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻の艦橋の前のミサイル発射台から発射された対空ミサイル1発が地球の北半球の周辺の宇宙で次の攻撃に向けて、エネルギー再充填までの間、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分の光を少し暗くして待機していた多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)に命中して爆発させていた・・・。一方、その頃、破壊される前の多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)の6本の触手の部分から地球の北半球の周辺の宇宙から発射された6発のエネルギービームが、すべて命中した地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦は海中に沈没していった・・・。一方、そのミサイル巡洋艦の生存していた乗組員を救出した小型戦闘艇は、その海上から去っていた・・・。旧政府軍の艦隊の軍艦は自前で製造したり、あるいは、どこかからか購入されたものを使っていた・・・。しかし、巡洋艦クラス以上の軍艦はさすがに調達するのは、なかなか難しく、時間もかかっていた・・・。
c0181417_6451762.jpg

c0181417_6454825.jpg
c0181417_646226.jpg
c0181417_6461889.jpg

c0181417_6521635.jpg

c0181417_654398.jpg

c0181417_6554716.jpg
c0181417_656086.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-31 07:22 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 1月30日(日)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻の艦橋の前のミサイル発射台から発射された対空ミサイル1発が地球の北半球の周辺の宇宙で次の攻撃に向けて、エネルギー再充填までの間、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分の光を少し暗くして待機していた多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)に命中して爆発させていた・・・。一方、その頃、破壊される前の多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)の6本の触手の部分から地球の北半球の周辺の宇宙から発射された6発のエネルギービームが、すべて命中した地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦は海中に沈没していった・・・。一方、そのミサイル巡洋艦の生存していた乗組員を救出した小型戦闘艇は、その海上から去っていた・・・。
c0181417_6451762.jpg

c0181417_6454825.jpg
c0181417_646226.jpg
c0181417_6461889.jpg

c0181417_6521635.jpg

c0181417_654398.jpg

c0181417_6554716.jpg
c0181417_656086.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-31 06:56 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDTION) (総集編) もうひとつの宇宙 2011年 1月29日(土)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻の艦橋の前のミサイル発射台から発射された対空ミサイル1発が地球の北半球の周辺の宇宙で次の攻撃に向けて、エネルギー再充填までの間、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分の光を少し暗くして待機していた多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)に命中して爆発させていた・・・。コストの割には実用性の低い攻撃衛星の開発は常に中断の危機にさらされていて、実際は、あまり進んでいなかった・・・。しかし、満足に兵力を確保出来ない小規模な政府軍にとって、軍事衛星は必要不可欠でもあった・・・。
c0181417_9512468.jpg
c0181417_9513518.jpg
c0181417_9514770.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-30 10:16 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 1月29日(土)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻の艦橋の前のミサイル発射台から発射された対空ミサイル1発が地球の北半球の周辺の宇宙で次の攻撃に向けて、エネルギー再充填までの間、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分の光を少し暗くして待機していた多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)に命中して爆発させていた・・・。
c0181417_9512468.jpg
c0181417_9513518.jpg
c0181417_9514770.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-30 09:51 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 1月28日(金)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻の艦橋の前のミサイル発射台から対空ミサイルを、1発発射していた・・・。この対空ミサイルも、設定しだいで、誘導式ミサイルとしても、自動追尾式ミサイルとしても、無誘導のミサイルとしても使えたが、今回は、攻撃目標の位置を入力して、誘導式ミサイルとして使っていた・・・。仮に、攻撃目標が移動しても自動的に追尾する機能も持つが、設定するには多少時間がかかっていた・・・。
c0181417_108257.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-29 10:20 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 1月28日(金)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻の艦橋の前のミサイル発射台から対空ミサイルを、1発発射していた・・・。
c0181417_108257.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-29 10:08 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 (総集編) 2011年 1月27日(木)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・。多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)から、6本の触手の部分から発射されたエネルギービームには破壊力も貫通力もあった・・・。射程距離も長いが、やはり、惑星攻撃用として使うには、その惑星に接近しなければならなかった・・・。
c0181417_5581854.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-28 07:41 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2011年 1月27日(木)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、5 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に命中していた・・・。
c0181417_5581854.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-28 05:58 | 物語 1 (A)

スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDTION) (総集編) もうひとつの宇宙 2011年 1月26日(水)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。地球側では、もはや、地球側第 1宇宙艦隊の反乱を抑える力はなく、とりあえず、敵対する勢力のの拠点の攻撃に重点を置き始めていた・・・。やはり、少しでも敵の指揮系統や攻撃能力などに打撃を与えたいところだった・・・。
c0181417_1043771.jpg
c0181417_10432681.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-27 11:50 | 物語 1 (B)

スペースコロニーへ・・・。 (通常編) (総集編) 2011年 1月26日(水)のぶん

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球や月周辺で作戦行動している地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球内では、政府軍や反乱軍や旧政府軍や地球的組織などがそれぞれ勢力争いを繰り返していた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺の宇宙では、 待機していた多目標攻撃衛星 (政府軍)が、その本体の部分にある赤外線ライトのような目の部分を光らせていた後、この多目標攻撃衛星 (政府軍)が、政府軍側から、その作戦名にちなんで、コードネームを含めて、多目標攻撃衛星 (красный дождь) (クラースヌィ ドーシチ) (赤い雨)と正式に名付けられて、 その目の部分の中心部分さらに白く光った後、6本の触手の部分から発射されていたエネルギービームが、地球の北半球の昼間の部分の地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上で集結していた旧政府軍の艦隊のうちの、ミサイル巡洋艦に向かっていた・・・。一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し遠く離れた宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻が到着してきていた・・・一方、その頃、地球の北半球の周辺より少し離れたあたりの宇宙では、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの別働隊のうちの一隻である、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)のうちの一隻も到着してきていて、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。
c0181417_1043771.jpg
c0181417_10432681.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2011-01-27 10:43 | 物語 1 (A)