ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2010年 12月 ( 64 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきた後、そのうちの一機は斜め下に急降下して、もう一機は斜め上に急上昇してさらに接近していたが、二機とも斜め下に急降下していて、かわしていた月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻の発射した長距離レーザーが、さらに先に進んでいた・・・。その後、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が一方、月側第 1宇宙艦隊のうちの、さらに進んで、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)の下の宇宙をほんの少し通り過ぎていた地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機のうちの下の一機が方向転換しいた・・・。月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻からの発射された対空ミサイル一発は斜め上前方に進んでいた後、斜め下の宇宙に急降下して進んでいた・・・。地球側では厭戦ムードもあったが、反政府軍の士気は高かった・・・。また、政府軍も多くの地域でまだ苦戦していた・・・。
c0181417_3533371.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-31 23:33 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきた後、そのうちの一機は斜め下に急降下して、もう一機は斜め上に急上昇してさらに接近していたが、二機とも斜め下に急降下していて、かわしていた月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻の発射した長距離レーザーが、さらに先に進んでいた・・・。その後、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が一方、月側第 1宇宙艦隊のうちの、さらに進んで、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)の下の宇宙をほんの少し通り過ぎていた地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機のうちの下の一機が方向転換しいた・・・。月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻からの発射された対空ミサイル一発は斜め上前方に進んでいた後、斜め下の宇宙に急降下して進んでいた・・・。
c0181417_3533371.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-31 23:23 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきた後、そのうちの一機は斜め下に急降下して、もう一機は斜め上に急上昇してさらに接近していたが、二機とも斜め下に急降下していて、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻の発射した長距離レーザーをかわしていた・・・。一方、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻から発射された対空ミサイル一発は斜め上前方に進んでいた・・・。対空ミサイルは自動追尾型にも誘導型にも無誘導型にもする事は出来たが、やや速度が遅かった・・・。そのため、他の兵器で攻撃出来る範囲内に追い込むためのおとりのミサイルとして使われる事も多かった・・・。
c0181417_6375445.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-31 07:02 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきた後、そのうちの一機は斜め下に急降下して、もう一機は斜め上に急上昇してさらに接近していたが、二機とも斜め下に急降下していて、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻の発射した長距離レーザーをかわしていた・・・。一方、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻から発射された対空ミサイル一発は斜め上前方に進んでいた・・・。
c0181417_6375445.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-31 06:38 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきた後、そのうちの一機は斜め下に急降下して、もう一機は斜め上に急上昇してさらに接近していた・・・。一方、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻からは対空ミサイル一発が発射されていた・・・。地球側では出来るだけ地球側第 1宇宙艦隊の戦力を分散させ、攻撃の突破口を開こうとしていた・・・。一方、月側も強力なエネルギーミサイルや兵器などでの殲滅を嫌い、戦力を集中させる事を避ける事が多かった・・・。
c0181417_336131.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-30 03:46 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきた後、そのうちの一機は斜め下に急降下して、もう一機は斜め上に急上昇してさらに接近していた・・・。一方、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻からは対空ミサイル一発が発射されていた・・・。
c0181417_336131.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-30 03:30 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきていた・・・。地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)は、旧型機である、地球側の宇宙戦闘機 IV (燃料吸入装置装備) (地球側)に比べて速度がかなり速く、接近しての攻撃を得意としていたが、逆に速度が速すぎて小回りが利かないため、攻撃目標に照準を合わせたり、発射して命中させたりする精度が、地球側の宇宙戦闘機 IV (燃料吸入装置装備) (地球側)に比べてやや落ちていた・・・。
c0181417_725940.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-29 07:31 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かって接近してきていた・・・。
c0181417_725940.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-29 07:03 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かっていた・・・。地球側としては、まず、月側宇宙艦隊を排除してから、地球内の反政府勢力を叩きたかった・・・。しかし、実際は、攻撃しやすい敵から攻撃しているだけで、場当たり的な軍事作戦も多かった・・・。
c0181417_5403185.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-28 06:16 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。一方、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が反乱を起こしたが失敗し、地球側の降伏勧告に従い戦線復帰していた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊の前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が全艦再集結して戦闘態勢に入っていた・・・。その後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)の一部の宇宙船が発射して、月側第 3宇宙艦隊も長距離レーザーを発射して応戦したが、お互いの長距離レーザーを、月側第 3宇宙艦隊のうちのレーザー反射板装備の宇宙船がはね返したり、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のレーザー反射板装備の宇宙船が、またはね返したりしていたが、お互いに最後にはよけてかわした後、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が撤退していた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、月の南極より少し火星方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいた・・・。そして、月側第 1宇宙艦隊と、月側第 3宇宙艦隊の中間地点のほんの少し前方には、地球側に反乱を起こしたが降伏して、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)が接近してきていた・・・。一方、月の赤道から火星方向にやや離れた宇宙には、地球側第 1宇宙艦隊の本隊が、地球側に戦線復帰した地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊の少し後方の宇宙にいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、地球側第 2宇宙艦隊は、火星の赤道より太陽の方向にやや上の宇宙にいた・・・。地球側第 3宇宙艦隊は、地球側第 2宇宙艦隊の後方にいた、火星側第 1宇宙艦隊のさらに、ほんのわずかに斜め後ろ上の後方にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊は、地球側第 3宇宙艦隊の太陽方向に斜め後ろにの宇宙にいた・・・。地球側第 5宇宙艦隊は、火星の南極より少し下の高さの太陽方向に少し離れた宇宙にいた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は二隻を残して壊滅して地球に帰還した後、再配備の準備が進められていた・・・。一方、地球側第 7宇宙艦隊は、地球側第 5宇宙艦隊の斜め後方の下の宇宙にいた・・・。地球側第 4宇宙艦隊より太陽方向に斜め上にいる火星側第 4宇宙艦隊の斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊は、火星側第 1宇宙艦隊の斜めやや離れた下の宇宙にいた・・・。一方、北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に前の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。その地球方向にはるかに離れたほんのわずかに斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいた・・・。火星側第 5宇宙艦隊は、火星の南極の下の宇宙にいた・・・。一方、火星側第 6宇宙艦隊は、火星側第 5宇宙艦隊の太陽方向に斜め下の宇宙にいた・・・。一方、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球では、宇宙から発射されたと思われる長距離レーザーが、反政府側の拠点のひとつと思われるビルを貫通して穴を開けていた・・・。そして、それを宇宙から攻撃したのは、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)のうちの一隻だった・・・。一方、その頃、そこからやや離れた地球周辺の宇宙では、同じく、地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機発進していた・・・。一方その頃、地球側大統領官邸のあるところからは遠く離れた海上では、旧政府軍の艦艇が集結しつつあった・・・。まず、大型空母 (旧政府軍)が到着していた・・・。続いて、戦艦 (旧政府軍)と駆逐艦 (旧政府軍)も、天候も悪い中、到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE A) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、巡洋艦 (TYPE B) (旧政府軍)も到着してきていた・・・。その後、ミサイル巡洋艦 (旧政府軍)も到着してきていた・・・。一方、地球の北半球周辺の宇宙で警戒に当たっていた、月側第 1宇宙艦隊のうちの、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (月側)のうちの一隻に対して、そこからやや離れた地球周辺の宇宙地球側第 1宇宙艦隊の本隊から派遣されて別行動を取っていた宇宙用空母 (地球側)のうちの一隻から発信した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)二機が向かっていた・・・。
c0181417_5403185.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-12-28 05:40 | 物語A