ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地である西東京市に上京した後も婚活や作家活動も続けています。

<   2010年 08月 ( 64 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙の前方の宇宙まで降下してきていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が二機ずつ発進していた・・・。そして、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、一番上の宇宙用空母の護衛をしている宇宙船のうちのレーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、船首上部部分の折りたたみ式のレーザー反射板を閉じて、船首船底部分にある、長距離レーザーを発射させていた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けてさらに逃走を続けていた・・・。地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、後退を続けながらも、今後の状況を考えつつけていた・・・。しかし、やはり、敵からも味方からも包囲されて挟み撃ちになる可能性も否定出来ず、次の行動もまだ決められずにいた・・・。
c0181417_2359091.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-31 23:59 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙の前方の宇宙まで降下してきていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が二機ずつ発進していた・・・。そして、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、一番上の宇宙用空母の護衛をしている宇宙船のうちのレーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、船首上部部分の折りたたみ式のレーザー反射板を閉じて、船首船底部分にある、長距離レーザーを発射させていた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けてさらに逃走を続けていた・・・。
c0181417_23531741.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-31 23:53 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙の前方の宇宙まで降下してきていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が二機ずつ発進していた・・・。そして、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、一番上の宇宙用空母の護衛をしている宇宙船のうちのレーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、船首上部部分の折りたたみ式のレーザー反射板を閉じて、船首船底部分にある、長距離レーザーを発射させていた・・・。地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母から発進した、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)の援護射撃というよりは、むしろ、敵艦の動きを牽制するものだった・・・。移動しながらの連続攻撃を防ぐ狙いもあった・・・。
c0181417_013595.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-31 19:40 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙の前方の宇宙まで降下してきていた・・・。その後、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が二機ずつ発進していた・・・。そして、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、一番上の宇宙用空母の護衛をしている宇宙船のうちのレーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、船首上部部分の折りたたみ式のレーザー反射板を閉じて、船首船底部分にある、長距離レーザーを発射させていた・・・。
c0181417_013595.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-30 23:59 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙の前方の宇宙まで降下してきていた・・・。地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、降着状態打開のため、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に接近戦で攻撃を仕掛けようとしていた・・・。しかし、援護はなく、弾薬や燃料にも限りがあり、長時間の攻撃は難しかった・・・。
c0181417_23443117.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-29 23:51 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの、別行動を取っている残りの一隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙の前方の宇宙まで降下してきていた・・・。
c0181417_23443117.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-29 23:44 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、月側にも逃げられず、地球側第 1宇宙艦隊の本隊の攻撃範囲の外で迎撃態勢を取り続けていた・・・。しかも、今後の事は、上層部の間では、まだ協議を続けていた・・・。
c0181417_19325474.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-29 22:11 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。一方、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊)のうちの、地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻のうちの五隻は、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のいるところの宇宙より、斜め上前方の宇宙で待機していた・・・。
c0181417_19325474.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-28 19:33 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。地球側では、地球中心主義のグループや反地球的なグループの台頭もあって、ますます内乱に拍車をかけていた・・・。そして、まだ、地球的組織も、勢力を落としながらも、強い影響力を保っていた・・・。
c0181417_1532050.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-28 01:41 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、月の周辺に来ていた地球側第 1宇宙艦隊の本隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結して攻撃準備を進めていたが、月側第 3宇宙艦隊の宇宙用空母四隻から発進した艦載機によって、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、宇宙用空母二隻を含む宇宙船を損傷させられていた・・・。しかも、その攻撃の後に、月側に向けて出撃していた筈の地球側第 1宇宙艦隊の分隊は反乱を起こし、そのうちの六隻にも攻撃されていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の本隊のうちの、惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)と、四隻の宇宙用空母のうちの、損傷していない 2隻の宇宙用空母からは、地球側の宇宙戦闘機 V (燃料吸入装置装備) (地球側)が一機ずつ発進していた・・・。一方、 地球側第 1宇宙艦隊の本隊に攻撃を仕掛けた六隻を除く、反乱を起こした、地球側第 1宇宙艦隊の分隊 (地球側特殊攻撃宇宙艦隊) の主力部隊は、月側に向けて逃走を続けていた・・・。
c0181417_1532050.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-08-27 01:53 | 物語A