ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2010年 06月 ( 61 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が、地球側第 1宇宙艦隊のいるところの宇宙に向かって発進し続けていた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向の前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいて、月の南極より少しあたり太陽方向に前方の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側宇宙艦隊と、月の赤道から太陽方向にやや離れた宇宙にいる地球側第 1宇宙艦隊を除く地球宇宙艦隊がいて、火星の北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に斜め上の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいて、その地球方向に斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいて、その地球方向に斜め下の後方の宇宙には地球側第 2宇宙艦隊がいた・・・。その地球側第 2宇宙艦隊の火星方向に斜め下にほぼ真下の宇宙には火星側第 1宇宙艦隊がいて、その少し前方の宇宙には地球側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊の地球方向に斜め離れた下の宇宙には、地球側第 4宇宙艦隊がいて、その地球方向に後方の宇宙には、火星側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、その地球方向に少し斜め下の後方の宇宙には、地球側第 7宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊の僅かに火星方向の下の宇宙には、地球側第 5宇宙艦隊がいて、その火星方向に前方の宇宙には、火星側第 5宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星の南極上空の宇宙には、火星側第 6宇宙艦隊がいて、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。火星周辺の宇宙では、相変わらず、火星側宇宙艦隊と地球側宇宙艦隊がお互いを包囲するようにして身動きが取れず、長期戦のような状況になっていた・・・。また、地球側宇宙艦隊も、火星本星攻略は時間をかけてやろうとしていた・・・。
c0181417_1843959.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-30 23:56 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が、地球側第 1宇宙艦隊のいるところの宇宙に向かって発進し続けていた・・・。その後、艦隊配置は、地球の北極上空の宇宙には、月側第 2宇宙艦隊がいて、地球の南極上空の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向の前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいて、月の南極より少しあたり太陽方向に前方の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星周辺の周辺の宇宙には、火星側宇宙艦隊と、月の赤道から太陽方向にやや離れた宇宙にいる地球側第 1宇宙艦隊を除く地球宇宙艦隊がいて、火星の北極上空の宇宙にまで出てきていた、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、その地球方向に斜め上の宇宙には、火星側第 3宇宙艦隊がいて、その地球方向に斜め下の宇宙には、火星側第 4宇宙艦隊がいて、その地球方向に斜め下の後方の宇宙には地球側第 2宇宙艦隊がいた・・・。その地球側第 2宇宙艦隊の火星方向に斜め下にほぼ真下の宇宙には火星側第 1宇宙艦隊がいて、その少し前方の宇宙には地球側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊の地球方向に斜め離れた下の宇宙には、地球側第 4宇宙艦隊がいて、その地球方向に後方の宇宙には、火星側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、その地球方向に少し斜め下の後方の宇宙には、地球側第 7宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星側第 2宇宙艦隊の僅かに火星方向の下の宇宙には、地球側第 5宇宙艦隊がいて、その火星方向に前方の宇宙には、火星側第 5宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星の南極上空の宇宙には、火星側第 6宇宙艦隊がいて、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。
c0181417_1843959.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-30 18:04 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちのまたさらに何機が、その斜め上の宇宙にまで上昇していた・・・。月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)の部隊には、まだ、どの程度の攻撃をするかは知らされていなかった・・・。しかし、コンピューターにはプログラム通りの攻撃をするようには設定されていた・・・。
c0181417_11571385.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-30 00:01 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちのまたさらに何機が、その斜め上の宇宙にまで上昇していた・・・。
c0181417_11571385.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-29 11:57 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちのさらに何機が、その斜め上の宇宙にまで上昇していた・・・。月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)の飛行コースは殆ど自動で設定されていて、攻撃目標地点に来るまではパイロットは特に何もする必要はなかった・・・。しかも、衝突防止装置もあって、手動で操縦する手間を減らしていた・・・。
c0181417_1022794.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-28 23:59 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちのさらに何機が、その斜め上の宇宙にまで上昇していた・・・。
c0181417_1022794.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-28 10:02 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちの 1機目と、2機目と、3機目と4機目のうちの一機が到達してきていたが 1機目のうちの一機が、その斜め上の宇宙にまで上昇していた・・・。地球側第 1宇宙艦隊は斜め上にあったため、攻撃しやすいように急上昇していた・・・。戦闘用の宇宙船を含む殆どの宇宙船は、下部に攻撃する事が難しかった・・・。
c0181417_1214743.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-27 23:59 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちの 1機目と、2機目と、3機目と4機目のうちの一機が到達してきていたが 1機目のうちの一機が、その斜め上の宇宙にまで上昇していた・・・。
c0181417_1214743.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-27 11:59 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちの 1機目と、2機目と、3機目のうちの一機が到達してきていた・・・。月側では、月側特殊攻撃宇宙艦隊は、あくまでも先遣隊として、本格的な攻勢をかける艦隊としては見なされていなかった・・・。また、任務は、極秘である事が多く、その意図も知らされる事はほとんどなかった・・・。
c0181417_13381724.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-26 23:35 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方宇宙では、地球側宇宙艦隊が、火星側宇宙艦隊や月側宇宙艦隊やスペースコロニー側宇宙艦隊などと戦っていたが、スペースコロニー側は地球側宇宙艦隊に降伏し、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊を除き、地球側宇宙艦隊は火星側周辺の宇宙で、火星側宇宙艦隊と戦っていた・・・。一方、地球側宇宙艦隊のうち、地球周辺にいた地球側第 1宇宙艦隊の宇宙船は、態勢を立て直すため、集結し始めていた・・・。そして、集結した地球側第 1宇宙艦隊の本隊は戦闘態勢を整えていた・・・。一方、地球側第 1宇宙艦隊の分隊も集結して戦闘態勢を整えていた・・・。一方、その頃、月側第 3宇宙艦隊も集結し始めていた・・・。その後、月側第 3宇宙艦隊のいるところの宇宙には、中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (旗艦) (月側)が、遅れてやって来て、船首部分の折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。そして、集結した月側第 3宇宙艦隊も戦闘態勢を整えて守備についていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の宇宙用空母 (月側)の内部から、せり上がり式のエレベーターに乗って、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が甲板のところまで出てきていた・・・。その後、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)からは、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)が発進し続けていた・・・。その頃、月側特殊攻撃宇宙艦隊と地球側第 1宇宙艦隊の中間地点では、月側特殊攻撃宇宙艦隊の四隻の宇宙用空母 (月側)から発進した、月側宇宙戦闘機 IV (MARK II)(燃料吸入装置装備)のうちの 1機目と、2機目と、3機目のうちの一機が到達してきていた・・・。
c0181417_13381724.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2010-06-26 13:36 | 物語A