ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2009年 07月 ( 63 )   > この月の画像一覧

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退して去っていた・・・。その後、二列目の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻も地球方向に方向転換して、撤退して去っていて、一列目の、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻も撤退して去っていた・・・。そして、その後、艦隊配置は、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊は、地球の北半球の近くの宇宙にまで戻っていた・・・。一方、地球の北極上空の宇宙には、月側第 1宇宙艦隊がいて、そのすぐ前方には、地球側第 2宇宙艦隊が対峙していていた・・・。一方、地球の南極上空の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいて、そのほんの少し前方あたりには、地球側第 7宇宙艦隊が対峙していていた・・・。一方、月の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、月側第 3宇宙艦隊がいて、月の南極より少しあたり太陽方向に前方の宇宙には、月側第 4宇宙艦隊がいた・・・。一方、月の赤道から太陽方向にやや離れた宇宙には地球側第 1宇宙艦隊がいた・・・。一方、地球側第 3宇宙艦隊は、地球とスペースコロニー(人工小惑星の北極上空の宇宙より上の高さの中間距離にいた・・・。一方、地球側第 4宇宙艦隊は、地球とスペースコロニー(人工小惑星の南極上空の宇宙より上の高さの中間距離にいて、そのスペースコロニー(人工小惑星)の方向に斜め前下の宇宙には地球側第 5宇宙艦隊がいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極より少し太陽方向に前方の宇宙には、スペースコロニー側第 1宇宙艦隊がいて、スペースコロニー(人工小惑星)の北極より、火なり離れた太陽方向に前方の宇宙には、スペースコロニー側第 2宇宙艦隊がいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の北極上空の宇宙には、火星側第 1宇宙艦隊がいて、その火星方向に斜め上前方には、火星側第 4宇宙艦隊がいて、その地球方向に斜め上後方には、火星側第 3宇宙艦隊がいた・・・。一方、スペースコロニー(人工小惑星)の南極上空の少し地球方向の宇宙には、火星側第 2宇宙艦隊がいて、その火星方向に斜め下前方には、火星側第 5宇宙艦隊がいて、そのさらに火星方向に斜め下後方には、火星側第 6宇宙艦隊がいた・・・。一方、火星の北極上空の宇宙には、火星側第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側無人偵察艦隊がいて、火星の赤道から木星方向にやや少し離れた宇宙には、第 7自動化連合宇宙艦隊のうちの火星側自動化宇宙艦隊がいた・・・。
c0181417_1231086.jpg

c0181417_12313576.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-31 12:31 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退して去っていた・・・。その後、二列目の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻も地球方向に方向転換して、撤退を続けていた・・・。一方、 一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻も撤退を開始していた・・・。宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III)の後部には、折りたたみ式レーザー反射板はないため、敵の宇宙船の射程距離から離れている事を確認しないと、なかなか後退が出来なかった・・・。また、最高速度も、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI)になどに比べるとやや遅いため、追撃してくる敵の宇宙船に追いつかれる可能性もあり、撤退するタイミングの判断も難しかった・・・。
c0181417_1022121.jpg

c0181417_17395347.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-31 01:01 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退して去っていた・・・。その後、二列目の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻も地球方向に方向転換して、撤退を続けていた・・・。一方、 一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻も撤退を開始していた・・・。
c0181417_1022121.jpg

c0181417_17395347.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-30 10:22 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退して去っていた・・・。その後、二列目の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻も地球方向に方向転換して、撤退を開始していた・・・。地球側第 6宇宙艦隊は、火星方向からの遠距離からの攻撃を警戒して、船首部分にある、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)を盾にしながら撤退を開始していた・・・。このように、宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) は、時にはバリケードの役目を果たし、時には殿をつとめ、防御の要として重宝されていた・・・。

c0181417_1338970.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-30 01:24 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退して去っていた・・・。その後、二列目の戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻も地球方向に方向転換して、撤退を開始していた・・・。
c0181417_1338970.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-29 13:38 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退を開始していた・・・。地球側からは帰還命令が出ていたが、度重なる攻撃で殆どの宇宙船を失った地球側第 6宇宙艦隊は、もはや、残党狩りの対象でしかなく、火星側だけではなく、スペースコロニー側にも、月側にも警戒しなければならず、撤退すら、ままならなかった・・・。また、地球側も、増援を送る余裕はなく、むしろ、当分は、地球側宇宙艦隊の規模の縮小も考えていた・・・。
c0181417_443261.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-29 00:49 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、その後、三列目の上の方にいた、宇宙用空母 (地球側)と、三列目の下の方にいた、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)が地球方向に方向転換して、撤退を開始していた・・・。
c0181417_443261.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-28 04:43 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。しかし、攻撃出来る範囲内に敵宇宙艦隊はなく、どちらかと言えば、敵の宇宙艦隊に対する警戒態勢を取っていただけだった・・・。燃料などにもあまり余裕はなく、地球に戻っての補給も必要だった・・・。
c0181417_431449.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-27 23:59 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、集結した、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船 八隻が陣形を立て直して、戦闘態勢に入っていた・・・。まず、一列目に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側)三隻を配置して、防御を固め、二列目に、戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)三隻を配置して、攻撃態勢を整え、三列目の下の方に、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていたレーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)を配置して、待機させて、三列目の上の方に、艦載機が発進出来るように、宇宙用空母 (地球側)を配置していた・・・。
c0181417_431449.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-27 04:03 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、クーデターで政権を握った反乱軍は、地球革命政府軍側として、地球での支配力をさらに広げていたが、旧政府軍などとの戦いも続いていたが、その後、地球革命政府軍側も分裂、クーデターが起きて、政権を握った地球側新大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の新政府軍と、政権を追われた地球側前大統領をリーダーとする地球革命政府軍側の旧政府軍との戦いも続いていた・・・。一方、火星周辺の宇宙では、艦橋のシャッターを閉じた状態で待機していた、密かに建造されて、すでに配備されていた自動の惑星間新エネルギー砲搭載の宇宙用空母兼用の戦闘用の宇宙船 III (AUTO)(惑星間エネルギー砲用超遠距離照準器搭載)が、艦橋のシャッターを開けた後、船体下部の先端にある惑星間エネルギー砲から新光エネルギーが発射されて、地球周辺の宇宙にまで戻っていた地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船に命中して、さらに大きなエネルギー爆発を起こして、さらに多くの宇宙船を消滅させていた・・・。しかし、その後、地球周辺の宇宙にまで戻っていたさらに数を減らした地球側第 6宇宙艦隊の残存艦隊の宇宙船が集結しつつあった・・・。まず、 宇宙戦闘用のミサイル艦III (Shield III) (地球側) が出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 その後、 戦闘用の宇宙船 VI (White shark VI) (地球側)も出てきていた・・・。その後、地球側宇宙艦隊の宇宙用空母 (地球側)も出てきた・・・。その後、レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)も出てきて、船首部分にある、折りたたみ式レーザー反射板を開いていた・・・。 レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船には、宇宙での艦隊戦用に、破壊力のある中型エネルギー砲が装備されていた・・・。しかし、射程距離も中距離という感じで、主に至近距離に接近してきた、敵宇宙艦隊の宇宙船に対して使われる事が多かった・・・。量産型の宇宙船だが、やや大型なため、数も少なめで、大気圏からは脱出は出来るが、再突入した時は海水のようなところに着水するしかなかった・・・。
c0181417_9125618.jpg

レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側) (折りたたみ時)
c0181417_914182.jpg

レーザー反射板装備の中型エネルギー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)
[PR]
by hiroki-o1966 | 2009-07-27 02:48 | 物語B