「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は、奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地の西東京市に上京して、作家活動をしながら婚活と就活中です。体調も悪いですが、よろしくお願いします。

<   2008年 12月 ( 201 )   > この月の画像一覧

このPART 4は、新兵器を使っての再々戦という感じでしたが、後から見ると、複雑過ぎて、自分でも何をやったのか、よく思い出せないぐらいですが、戦術としては、とにかく、陽動作戦を繰り返しながらの時間差攻撃的な感じになりましたが、よく考えてみると、それぞれの持ち場についている側が目の前の目標に向かって対処していけばいいのではないかという結論に至りました・・・。とにかく、なかなか、思い通りにはいかないものですね・・・。
(2010-08-30 22:47:41)
[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-31 22:47 | ブログ
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルは、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、大きく極東の方向に方向を変えた後、また、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、陸地に接近していたが、海上にいた回転式ミサイル砲台装備軍艦から発射された魚雷兼用ミサイルと衝突して爆発していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻と、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。地球側は、航空機や軍艦などを失ったが、工業力は、まったく衰える事もなく、宇宙艦隊再建に向けて、生産を続けていた・・・。一方、火星側は、地球側に比べれば、生産力が少ないため、まだ、わずかになった宇宙艦隊の補強には時間がかかるのは避けられなかった・・・。



スペースコロニヘ・・・。 (SPECIAL EDITION) (総集編) もうひとつの宇宙 (PART 4) (おわり)
c0181417_2235556.jpg
c0181417_2242224.jpg
c0181417_2243681.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-31 22:08 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルは、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、大きく極東の方向に方向を変えた後、また、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、陸地に接近していたが、海上にいた回転式ミサイル砲台装備軍艦から発射された魚雷兼用ミサイルと衝突して爆発していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻と、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻に、弾薬などを補給させるために、地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、共に火星に帰還して、火星側の軍用の輸送用の宇宙船は、火星内部に収納され、三角形の陣形で地球を包囲していた、火星側の戦闘用の宇宙船三隻は、それぞれの守備位置に戻り、火星の南西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と共に、また火星の守備についていた・・・。一方、地球周辺の宇宙は、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲も消えて、平穏さを取り戻していた・・・。



スペースコロニヘ・・・。 (総集編) (PART 4) (おわり)
c0181417_2235556.jpg
c0181417_2242224.jpg
c0181417_2243681.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-31 02:24 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルは、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、大きく極東の方向に方向を変えた後、また、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、陸地に接近していたが、海上にいた回転式ミサイル砲台装備軍艦から発射された魚雷兼用ミサイルと衝突して爆発していた・・・。地球側も、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルの進路を予想して、軍艦や防御などの設備などを配置していた・・・。いずれにしても、火星側の惑星間ミサイルの攻撃や、火星側の戦闘用の宇宙船三隻の攻撃を防いだ事で、地球側政府は威信を保ち、また、地球や宇宙への影響力維持の足かがりを作ったのだった・・・。
c0181417_2502493.jpg
c0181417_2503930.jpg
c0181417_2505455.jpg
c0181417_2512330.jpg
c0181417_2513712.jpg
c0181417_2515363.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-30 23:53 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルは、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、大きく極東の方向に方向を変えた後、また、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、陸地に接近していたが、海上にいた回転式ミサイル砲台装備軍艦から発射された魚雷兼用ミサイルと衝突して爆発していた・・・。
c0181417_2502493.jpg
c0181417_2503930.jpg
c0181417_2505455.jpg
c0181417_2512330.jpg
c0181417_2513712.jpg
c0181417_2515363.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-30 02:52 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルは、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、大きく極東の方向に方向を変えた後、また、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んでいた・・・。魚雷兼用型ドリルミサイルの人工知能搭載のコンピューターは、まだ、攻撃目標を決めていなかったが、少なくとも、極東の何処かの地点の陸地の地中に潜り込もうとしていた・・・。そして、障害物を出来るだけ避けて、攻撃されにくいように軌道も微妙に変動させながら進んでいた・・・。
c0181417_1142892.jpg

c0181417_1145888.jpg

c0181417_115258.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-29 23:55 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射して海中に突入して南下を始めていたいた魚雷兼用型ドリルミサイルは、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んだ後、大きく極東の方向に方向を変えた後、また、時々アトランダムに蛇行しながらコースを変えながら海中を進んでいた・・・。
c0181417_1142892.jpg

c0181417_1145888.jpg

c0181417_115258.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-29 01:15 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。北極海の海上には、地球側の多くの軍艦がいたが、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルからは距離が離れていて、むしろ、北極海からどの方向かに進むのを待っていた・・・。また、地球側も魚雷兼用型ドリルミサイルが陸地に達するまでには少し時間がかかると考えて、その間に迎撃態勢を整えようとしていた・・・。
c0181417_3323799.jpg
c0181417_3325890.jpg
c0181417_3331417.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-28 23:57 | 物語B
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。その後、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が北極海に向かって発射していた魚雷兼用型ドリルミサイルは、立ち去る前の火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの別の一隻が発射したカプセルミサイル(灰色・白線)が爆発して出来た灰色の雲の下に突き抜けて、海面すれすれをしばらく飛行した後、海中に突入して南下を始めていた・・・。
c0181417_3323799.jpg
c0181417_3325890.jpg
c0181417_3331417.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-28 03:33 | 物語A
地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくって、まだ間もない時代、地球側と宇宙側に分かれて対立が続いていた・・・。地球側は月側やスペースコロニー側との戦いで、それぞれ宇宙での戦力を失い、火星側も戦力を消耗しながらも地球側との戦いを続けていた・・・。地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の攻撃が失敗に終わり、火星に帰還した後、地球の海中では、灰色の潜水艦が海中で、6発搭載していた多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを一発ずつ発射して陸地に向かって攻撃を開始して地中に多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを打ち込んでいた・・・。そして、その後、新型高速地中用戦闘船が、地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射した、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルに向かって動き出して、その後、4発搭載していた新型高速迎撃ドリルミサイルを発射して迎撃して、4発の地球の地中に打ち込まれた灰色の潜水艦が海中で発射していた、多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを破壊していた・・・。しかし、 その後、同じところの海中で、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを陸地に向かって発射していた灰色の潜水艦の背後から、黒い潜水艦が、その灰色の潜水艦に向かって、1発の魚雷を発射していた・・・。黒い潜水艦は、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)で、量産型の主力級の中型の潜水艦だった・・・。そして、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦(黒)が、 潜水艦および戦艦にも搭載可能な中型魚雷 (黒)を発射して、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦に命中させて、爆発させて、陸地に向かって5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦を破壊していた・・・。その後、すでに、地球の地中に突入していた、灰色の潜水艦である、多目的魚雷兼用ドリルミサイルも含む中型魚雷6発可能搭載潜水艦が、破壊される前に陸地に向かって発射していた、5発目の多目的魚雷兼用型ドリルミサイルは、、地球のコアの前方に立ち塞がるように待機していた新型高速地中用戦闘船に命中して共に爆発して消滅していた・・・。その後、地球をドリルミサイル(Bullet)などで攻撃した、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻が、また火星から発進して地球に向かっていた・・・。そして、それを追いかけるように、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に戻っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船も後方支援部隊として発進していた・・・。その後、火星を発進して、地球周辺の宇宙に到達していた、火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻のうちの一隻が、地球の南極に向けて、新型の中型ミサイルを発射していた・・・。しかし、その後、また火星から発進して、地球を新型中型ミサイルやドリルミサイル(Bullet)などで攻撃して、地球側の反撃で全滅した火星側宇宙艦隊の残存艦隊の別の一部の六隻の後方支援部隊として、スペースコロニー(人工小惑星)の内部から発進していた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの三隻の戦闘用の宇宙船は、火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、スペースコロニー(人工小惑星)の内部に残っていた、駐留火星側宇宙艦隊の残存艦隊の一部の四隻のうちの残りの一隻の戦闘用の宇宙船も火星周辺の宇宙にまで帰還して来ていて、四隻の戦闘用の宇宙船で、共に、火星周辺の宇宙で火星の守備についていた・・・。その後、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員が取り調べを受けた後、月側宇宙空港を経由して地球側に引き渡されるため、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)で、月側宇宙空港にまで来ていたが、地球的組織のレーザー攻撃で、月側宇宙空港の管制塔が破壊され、それが原因で始まった、地球側と宇宙側の紛争の最中、月側に足止めされていたが、 破壊された月側宇宙空港の管制塔が復旧して、ようやく、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の同型機三機で、地球に帰還して、一連の対立の発端となった、スペースコロニー(人工小惑星)に向かう途中で、スペースコロニー側の臨検を受けて乗組員が連行された後、爆発した、民間用宇宙船 (Pigeon) (地球側)の乗組員達を乗せて月側宇宙空港まで飛んで来ていた、輸送用の宇宙船(スペースコロニー側)四機も、スペースコロニー(人工小惑星)に帰還した後、二度に渡る火星側宇宙艦隊の攻撃に対する地球側の報復攻撃が始まり、地球から、まず、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射され、その後に続くように、 惑星間ドリルミサイルも発射されていた・・・。その後、 火星側からも、惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)発射されて、さらにその後に、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルが発射されていた・・・。その後、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)と、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が、すれ違おうとして、上下に重なった瞬間、火星側から最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(白)が爆発して、その爆発に巻き込まれた、地球から、まず最初に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)も爆発、灰色の雲が広がった・・・。さらにその後、その灰色の雲を突き抜けて、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された、惑星間ドリルミサイルが火星方向に向かって進んでいって、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が地球に向かっていった・・・。そして、また、さらにその後に、火星から惑星間カプセルミサイル(白)発射された後に発射された、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射された、惑星間多目的魚雷兼用型ドリルミサイルも、灰色の雲を突き抜けて地球に向かっていった・・・。その後、火星周辺の宇宙にまで到達した、地球から、惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)の次に発射された惑星間ドリルミサイルを、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうち、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船が長距離レーザー砲を発射して命中させて破壊して爆発させていた・・・。さらに、その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球に向かって発進していた・・・。その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲に、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが接近していた・・・。 その後、火星から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に対して、地球から発射された惑星間カプセルミサイル(白・迎撃ミサイル)が火星側から地球周辺の宇宙まで来た惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に命中して爆発した後に出来た灰色の雲を突き抜けた、火星から地球周辺の宇宙まで来た魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが、地球の大気圏に突入したが、南極周辺に待機していた、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、火星周辺の宇宙で守備についていた四隻の戦闘用の宇宙船のうちの、火星の北西の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の北東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船と、火星の南東の宇宙で守備についていた戦闘用の宇宙船の三隻の戦闘用の宇宙船が地球の周辺の宇宙に到達して、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた・・・。さらに、その後、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)が発射されて、それに続いて、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルも発射された後、さらに、惑星間ドリルミサイル発射した後に輸送用の宇宙船(軍用)も発進していた・・・。その後、火星から地球に向けて発射されて地球周辺の宇宙にまで到達してきていた惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に向けて地球から発射されていた惑星カプセルミサイル(白)が命中して爆発して、灰色の雲が広がっていた・・・。そして、その後、その灰色の雲を突き抜けて、火星から惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球に接近していた・・・。その後、地球の北極上空の宇宙や、地球の南西の宇宙や、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を、地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻が、迎撃ミサイルを発射して命中させて爆発させて破壊したが、その爆発から灰色の雲が広がっていた・・・。さらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて地球の大気圏に突入したカプセルミサイル(灰色・白線)を迎撃して爆発させて破壊した地球側海上艦隊の一部のうちの回転式ミサイル砲台装備軍艦のうちの一隻を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの一隻が、宇宙から長距離レーザーを発射して命中させて爆発させて破壊していた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻が、さらに長距離レーザーを発射して、南極周辺の海にいた、空母や、回転式回転レーザー砲台装備軍艦に命中させて爆発させて破壊していた・・・。さらにその後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが地球の大気圏に突入していた・・・。その後、火星から2発目の惑星間カプセルミサイル(灰色・白線)に続いて発射されていた、2発目の魚雷兼用型惑星間ドリルミサイルは南極の海の海面付近に到達していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した、地球の南東の宇宙の戦闘用の宇宙船が魚雷兼用惑星間ドリルミサイルが海面近くに来たところで地球周辺の宇宙から離れて始めて、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船のところまで戻っていた・・・。一方、その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が中型魚雷発射していた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは地球の大気圏に突入していた・・・。その後、南極大陸の周辺の海に潜水して陸地に向かって進んでいた魚雷兼用惑星間ドリルミサイルに地球側の潜水艦が発射した中型魚雷が命中して爆発して破壊していた・・・。しかし、またさらにその後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されていた、カプセルミサイル(灰色・白線)が大気圏に突入していた・・・。 一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んでいた・・・。その後、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船から発射されて大気圏に突入して北極海の上空まで達していた、カプセルミサイル(灰色・白線)を、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の北極上空の宇宙の戦闘用の宇宙船が宇宙から長距離レーザー砲を発射して命中させて、爆発させて、灰色の雲が広がっていた・・・。一方、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置についていた戦闘用の宇宙船から発射された魚雷兼用型ドリルミサイルは、海面すれすれに水平飛行して海中に突入した後、海面近くの海中を南極大陸に向かって進んで至近距離まで接近していたが、南極大陸の周辺の海中の機雷に触れて爆発していた・・・。その後、北極上空の宇宙から、カプセルミサイル(灰色・白線)を発射した火星側の戦闘用の宇宙船と、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南西の位置について、魚雷兼用型ドリルミサイルを発射していた戦闘用の宇宙船が地球から離れていって、軍用の輸送用の宇宙船から中型ミサイルを補給した、地球の南東の宇宙の位置について、三角形の陣形で地球を包囲していた火星側の戦闘用の宇宙船三隻のうちの、地球の南東の宇宙にいた戦闘用の宇宙船戦闘用の宇宙船が北極の上に到着した後、北極海に向かって魚雷兼用型ドリルミサイルを発射した後地球を離れていった後、すでに地球を離れていた、三角形の陣形で地球を包囲していた、ほかの火星側の戦闘用の宇宙船二隻と、 地球からやや離れた宇宙まで来ていた、火星側の軍用の輸送用の宇宙船と共に火星への帰還への途についていた・・・。火星側は、地球からの惑星間ミサイルの反撃としては、これで十分と考え、火星に帰還させて、守備などにつかせようとしていた・・・。また、魚雷兼用型ドリルミサイル自体、数が少なく、これ以上の攻撃する余裕もなかった・・・。
c0181417_1525288.jpg
c0181417_153844.jpg
c0181417_1532415.jpg
c0181417_1533980.jpg
c0181417_1535470.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2008-12-27 23:58 | 物語B