スペースコロニーへ・・・。 (SPECIAL EDITION) もうひとつの宇宙 2015年 2月12日(木)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていて、地球側内部でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。しかし、まず、スペースコロニー側が地球側に降伏した後、火星側も首都が陥落して地球側に降伏、月側も地球側と停戦して友好関係を維持していた・・・。一方、政府軍と反乱軍の衝突が続く火星側では、火星側の反乱軍の拠点になっている、ある地方都市と火星側首都による主導権争いのような火星側の内戦の中、火星側首都近郊にある地球側駐屯基地を巡る攻防戦が、その日の夜になっても依然として続いていて、激しさを増していた・・・。その頃、火星周辺の宇宙にいた地球側宇宙艦隊の宇宙船のうちの、地球側第4宇宙艦隊の地球側艦載機搭載型大型宇宙船の格納庫から、ロボット型飛行体 II (灰色)が発進していた・・・。ロボット型飛行体 II (灰色)も、無人機としても使えて、有人機としては、最大で二人乗りまでが可能で、レーダー電波吸収材も使われていて、奇襲作戦もしやすかった・・・。軽量化も図られていたが、装甲の強度は通常のアーマーソルジャーと同程度だった・・・。
c0181417_1039955.jpg

c0181417_10392941.jpg
c0181417_1040351.jpg
c0181417_1040195.jpg
c0181417_10403468.jpg
c0181417_10405799.jpg
c0181417_10411013.jpg

[PR]

by hiroki-o1966 | 2015-02-12 23:34 | 物語 1 (B)