ブログトップ

スペースコロニーヘ・・・。

hiroki1966.exblog.jp

スペースコローへ・・・。という物語のブログです。私の名前は奥田弘毅 (Hiroki Okuda)といいます。本籍地である西東京市に上京した後も婚活や作家活動も続けています。

スペースコロニーへ・・・。 (通常版) (総集編) 2013年 7月15日(月)

地球から、月やスペースコロニー(人工小惑星)や火星が独立して自主政府による国家をつくってから、地球側と宇宙側に分かれて対立が長く続いていた・・・。一方、地球でも、依然として小規模な衝突が続いていた・・・。その頃、宇宙では、火星周辺の地球側宇宙艦隊による、火星側攻略作戦が未明から始まっていて、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧した地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊が火星側首都に向かって地下を進んでいた・・・。 そして、火星では、すでに一日目の夜になっていて、火星側首都近郊の航空基地では、地球側第 4宇宙艦隊の惑星間エネルギー砲装備の超大型宇宙用空母 (地球側)から何回か発進して、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたところの地上に着陸していた、地球側輸送用の大型宇宙船 II (軍用)の内部から出てきた地球側惑星上陸用中型戦車の部隊が、またさらに数を増やして、火星側首都近郊の航空基地に突入してきていて、火星側首都近郊の航空基地の破壊されずに残っている火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や火星側対空用装甲車のうちの火星側対空用装甲車や、火星側首都近郊の航空基地の管制塔のあるところから発進していた、火星側の自動の宇宙戦闘機 IV (自動型)(燃料吸入装置装備)や、火星側首都から火星側首都近郊の航空基地に向けて出発していた、火星側首都所属の火星側中型戦車の一部や、火星側首都近郊の航空基地より、やや離れたあたりの地上に出てきていた、地球側戦闘機搭載地中用戦闘船 (突入用)が、前面上部のフードを開いた後、火星側首都近郊の航空基地の方向に向けて発進させていた、艦載機などによる攻防戦は続いていた・・・。一方、また、物資補充のため地球に帰還中の地球側艦載機搭載型大型宇宙船を除く、地球側第 4宇宙艦隊の宇宙用空母から次々と発進して、火星側の大気圏に突入していた、地球側内部の宇宙戦闘機 V (MARK II) (燃料吸入装置装備)も火星側首都近郊の航空基地に向かっていた・・・。一方、火星側首都近郊の航空基地の地下周辺を制圧して火星側首都に向かって地下を進んでいた地球側第 4宇宙艦隊所属の機械化特殊部隊のうち、地球側惑星用上陸小型戦車の部隊の一部が火星側首都都市エリア入口の地下街にまで到達していた・・・。一方、火星の北半球より、木星方向に、やや少し離れたところの宇宙にいた地球側第 4宇宙艦隊のうちの、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が、折りたたみ式レーザー反射板を閉じて船体下部の長距離レーザー砲を発射した後、また、折りたたみ式レーザー反射板を開いて待機していた・・・。そして、その、レーザー反射板装備の長距離レーザー砲装備の戦闘用の宇宙船 (地球側)のうちの一隻が発射していた長距離レーザーが、火星側首都近郊の航空基地の管制塔に命中して貫通して爆発していた・・・。
c0181417_11593539.jpg
c0181417_11595986.jpg

[PR]
by hiroki-o1966 | 2013-07-15 11:51 | 物語A